ジム

ボクシングジムなどの教室・スクール経営の維持のために電気代を考え直す

電気代がボクシングジム経営の負担に!電気代を削減したい

健康やフィットネスのブームが続く日本では様々なエクササイズが注目されています。日本人選手の活躍もあり、ボクシングも注目されているエクササイズの一つです。ボクシングを採りいれるジムや、ボクシングに特化したジムも街中で見かけるようになりました。そんなボクシングジムでもっとも重くのしかかる経費は光熱費です。光熱費うちの大きな割合を電気代が占めています。

ボクシングを行う教室・スクール・スポーツジムの消費電力は、施設の面積やシャワー、マシーン等の設備の有無でかなり変わってきます。エアコンなどの空調設備にかかる電気代だけでも全体のおよそ15%~50%位を占めると推測されます。また、最近ではフィットネスブームでボクシングを習う若い女性が増えたことと、子供が通うことも多くなったことから、ボクシングジムと言えどもフィットネスジムやスポーツジムに負けないくらい、明るい照明が完備されたジムが増えてきています。そこを考えればジムの運営コストに占める電気代はかなりの比率を持つと考えられ、ここを抑えることは経費節減の為には必須と言っても過言ではないでしょう。

照明にかかる電気代は、120Wの蛍光灯をジムが使用している場合、35WのLED蛍光灯に変えることで約70%もの削減になります。45Wの蛍光灯を使っているなら、18WのLEDに変えることで約60%をもの削減が期待できます。このように照明にかかる電気代一つをとってみても大幅な節約が見込めそうですね。また最近のジムには子供や女性も多いことから安全面の意味でも、割れにくいLED照明の需要は今後増えていきそうです。

教室・スクールの電気代を削減するためにすぐにやれることは?

何度も申しますが、教室・スクール運営においての運営コストのコントロールは不可欠です。その中でも電気代の負担は多いので、まずは照明から対策をしていきましょう。ジムに使用する照明器具、蛍光灯などをすべてをLEDに変えること。すでに多くのジムでLED照明は導入されてきていますが、もしまだ機器の取り換えを実践されていないようであれば是非ご検討ください。LEDの蛍光灯は通常の蛍光灯と比較すると約4倍以上も長持ちし、買い替える頻度も少なく済むことからかなりの節約になります。また交換にかかる人件費等をかなり大幅に節約することが可能になります。

また照明以外でもジム・教室・スクール施設で使う最も使用率の高い空調などは、エコパッド(精密節電機器)などを導入してエアコンなどの冷媒機器の能力をサポートすることができます。空調にかかる電気代の10~20%も節約をできるようになり、全体的に負担が多い電気代のコストダイエットが現実的に可能となります。またジムやオフィスの空調機器で使われる冷媒ガスを、高性能のノンフロンガスに入れ替えて運用することで消費電力が平均25%削減の効果が実績で証明されています。
ノンフロンガスは環境に優しく、オゾン層を破壊せず安全に冷房機器を運用するために開発された高性能なガスです。また、このガスはオフィスや店舗などの大型空調機には最適な効果を発揮するものとして注目されています。

コストを抑える以外の方法でジムの電気代を抜本的に見直すの為には、2016年4月よりスタートした電力自由化により新規に参入した電力会社のプランを検討することも大きな改革のきっかけになるでしょう!

飲食店の事業者様必見!最大10,000円現金キャッシュバック!

電力会社を切り替えるだけで電気代節約の効果絶大

やはりボクシングジムなどの教室・スクールを運営する事業者にとって、主に照明や空調冷媒が大半を占める電気代の負担は大きいので、電気代を抑えることで大きく負担を軽減できるのは確実です。機器の見直しだけでなく電力自由化に伴って様々なプランや料金にあふれているこの機会を活用しない手はありません。

2016年の4月以降には、これまでは地域の決まった電力会社が独占していたことを、個人や民間の企業ができるようになり、この機会に新たに参入した電力会社からも電気を契約できるようになりました。すべての事業者の電気は、いままでと同じ送電ルート(電柱や送電線)から送られてくるので、他の電力会社に乗り換えたことにより、供給が不安定にはなったりすることはもちろん、受け取る電気の質に差がでたりすることもあり得ません。

電力会社の変更を実施した場合の例では、ハルエネ電気の提示する事業者向けの法人プランなどの事例もあります。利用をする事業者によっても違いがありますが、こちらのプランは電力使用量の多い家庭や大きな事務所や施設など、30,000円以上の電力支出がある施設に向いたもので、プランを利用することで年換算では30,000円~100,000円は削減できるケースもあるようです。

電気はどこから購入しても質は変わらないですが、電力自由化がスタートした現在、契約先を変えるだけで大幅なコスト削減ができる可能性もあるのです。そのためには施設の条件とマッチングする電力会社のプランを探し出す必要はありますが、得られる効果は絶大と言えます。固定費の大部分を占める電力を比較・選択できる時代になったので、あなたもこの機会に考えてみてはいかがでしょうか?

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP