町工場の電気代を削減するための4つのアイデア

町中に存在する町工場では、金属や非金属、革やゴムなどの生産から修理までさまざまなことを行います。しかし、生産や修理などの業務には、機械や照明が欠かせません。そうなると、機械は稼働したいが電気代が気になる、電気代を安くしたいが生産性は低下したくない、といった悩みも生じるでしょう。

電気代を上手に削減する方法はあるのでしょうか?電気代を削減しつつ、生産性の低下も防ぐ4つのアイデアを紹介します。

町工場の電気代はどれくらいが目安?

3万5,000円から4万円くらいが目安といわれています。しかし、工場の規模、稼働する機械の種類や時間と条件によって変わるため、目安はいくらと言いにくい部分も。

町工場の電気代を削減するアイデア4つ

では、どうしたら電気代を削減できるのでしょう?

機械の稼働時間を集中

1つ目は、機械の稼働時間をできるだけ集中する方法です。

  • 休憩は皆一緒に取る
  • 始まりと終わりの時間をできるだけ統一する

などの方法によって、機械が稼働する時間が同じときに集中します。これにより、無駄な電気代を削減できるのです。

空調そのものと使い方を見直す

2つ目は、空調をうまく使う方法。労働環境や製品のために空調を使うことも多いですが、その使い方を工夫することで、電気代が削減できる場合もあります。その工夫とは、

  • ある程度稼働時間を集中
  • サーキュレーターを利用して空気を混ぜる
  • 設定温度は適切か見直しをする

などです。

また、空調そのものにも注意しましょう。長く使っている空調の場合、

  • 汚れがたまっている
  • 古くなって性能が弱ってきている
  • 工場の広さに対して空調のサイズが合っていない

といった場合も。

  • 設定は適切か(季節だけでなく、稼働率や時間帯にも注意が必要)
  • いつの空調か確認
  • 工場の大きさと合っているか
  • 何か併用できるアイテムはないか

空調は意外と見落としがちです。確認する項目は多いですが、各種チェックして損はありません。現状と改善点について、見ておきましょう。

稼働中の生産性を向上

3つ目は、機械を稼働している際の生産性を向上する方法です。たとえば、時間あたりに稼働する人数を増やすといったもの。そもそも電気代は、機械を稼働している限り発生します。つまり、工場内で何人が稼働しているかと電気代に関係性はないのです。

仮に、1時間で稼働できる人数を増やした場合、機械が稼働して電気料金が発生しても、生産や修理は進むため、出来高は増加するでしょう。それにより売上が伸びるため、売上より電気代が高い状況を改善できるのです。稼働時間を集中する方法と組み合わせれば、より効果的でしょう。

LED照明に切り替える

最後は、照明です。今、工場内で使っている照明はLEDでしょうか?LEDでない場合、交換を視野に入れましょう。LED照明に切り替えると、省エネになり電気代の削減になります。

それだけではありません。LED照明は、寿命が長いのです。工場は、天井が高い場合も多く、切れた際の取り替えが難しい場合も多々。つまり手間を減らすことが可能なのです。また、電球から出る紫外線や赤外線量も少ないため、製品への影響は減るでしょう。電気代だけでなくさまざまな点からLED照明はお得となるのです。

電力会社乗り換えやプランの見直しにより電気代が安くなることも

まず一度、1カ月に使用する電気代をすべて算出しましょう。その上で、

  • 現状契約している会社に最適なプランはないか
  • その他の電力会社に最適なプランはないか

検討します。実は気付かなかっただけで、契約先のプランが改定しており、プランを変更することで安くなる場合もあるのです。また、電力会社そのものを探すことで、自社により適合するプランに変更できる可能性も。

機械だけじゃない、時間や環境、空調や照明などトータルで見直す

1箇所を改善して一気に電気代を削減することは難しいです。しかし、機械、機械の稼働時間や人員の稼働環境、空調や照明など見直せる点は多くあります。電気代を削減するためにも、各所を少しずつ改善してみるのはいかがでしょう。

事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP