【電力自由化の基礎】マンションでも電力会社は選べるの?

2016年4月からスタートした電力自由化により、誰でも自分の好きな電力会社と契約できるようになりました。しかし、いまだに「賃貸マンションは電力会社を自由に選べない」「田舎は関係ない」といった誤解も少なくありません。

じつは、電力自由化によって、どのエリアのどんな形態の住宅に住んでいる人でも電力会社を選択できるようになったのはご存じですか?電力会社を変えることで、年間電気代が平均して18,000円程度安くなったというデータもあります。気になる電力自由化について詳しく解説しましょう。

電力自由化とは?

2016年4月の法律改正によって、家庭向け電力小売りが全面的に自由化されました。長年にわたって独占状態だった電気産業に市場競争を導入し、電気料金をより安くすることなどを目的としています。

かつて、消費者は各エリアを管轄する電気供給事業者の特定のプランを契約する以外に選択肢はありませんでした。しかし、電力自由化によって、どの電気会社のどのようなプランでも選択できるようになったのです。

電力自由化はマンションでも恩恵を受けられる

「電力自由化は戸建て住宅しか恩恵を受けられない。マンションやアパートのような集合住宅では無理」という誤解もいまだに根強く残っています。しかし、じつは電力自由化は戸建てかマンションかは関係なく、すべての人が対象となるというのはご存じでしたか?持ち家はもちろん、賃貸でもまったく問題ありません。

ただし、マンションが高圧一括受電契約をしている場合は、個別に電力会社を切り替えることはできません。しかし、そもそも高圧一括受電契約もまた電気料金を引き下げるためのものなので、あえてよりお得な電力会社を探す必要もないともいえるでしょう。

新しい電気会社と契約するには?

電力契約を切り替えるには、これまでの電気メーターをスマートメーターに取り替える工事が必須です。賃貸物件でもメーターは基本的に電力会社の所有ですし、建物に傷をつけることもないので、とくに問題ないでしょう。さらに、切り替え工事は原則的に無料で行われるというのもうれしい話です。

新しい電気会社と契約するには、まず、電気の使用状況を見直すところからスタートしましょう。現在の電力会社、アンペア数、プラン名、電気代などは正確に把握できていますか?そこからいくらぐらい電気代を安くしたいのか、また、それを実現できる電気会社のプランはあるのかどうか絞り込んでいくようにしてはいかがでしょうか。

電力の質が変わることはない?

電気は発電所から送電線で変電所に送られ、さらに配電線で各家庭に供給されています。電力自由化で新規参入起業が急増しているのは、おもに電力小売りの部分です。発電から送電までは、従来の大手電力会社が請け負っていることがほとんどなので、電力が急に不安定になるといったこともありません。

これまで通りの安定した電力供給が期待でき、電気代が安くなるわけですから、利用しない手はありません。郵便番号、世帯人数などから利用可能なプランを一括検索できる、サイトもあるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

まとめ

電力自由化のニュース等を小耳に挟んでいても「賃貸マンションに住んでるし、関係ないかな」などとスルーしていた人もいるかもしれません。しかし、たとえ賃貸マンションでも自分の好きな電力会社を自由に選択できる時代です。

「電気代を安くしたい!」と、考えているならば、節約も結構なことですが、思い切って電力会社を変えてしまった方が近道というケースも少なくありません。現在の電気の使用状況にマッチした、お得なプランを探してみてはいかがでしょうか。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見! 事業者様必見! 事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP