食品工場の照明はLEDが良い!その理由とは?

食品工場の照明は、LEDをおすすめします。LED照明は電気代が安いという部分しかメリットを感じてはいないでしょうか?実際の所、電気代以外にもLED照明にするメリットがあるのです。食品工場の照明を検討する時、電気料金はもちろんですが、衛生面や管理面も考えなければなりません。LED照明は、その点にもメリットがあるのです。照明器具としての寿命や温度にも、LED照明は従来の蛍光灯などよりメリットがたくさんあります。さらに、製造効率に貢献する部分もあるのです。衛生面や管理面について、厳しいハードルを越えなければならないからこそLED照明がおすすめです。どうして食品工場の照明がよいと言えるか詳細を解説しますのでチェックしてみてください。

LEDは電気代が安い

LED照明のメリットとして一番大きいのは電気代が安いことです。安い理由は消費電力が少ないことでしょう。LED照明以外で使用される照明は白熱電球や蛍光灯が一般的です。消費電力で見ると、白熱電球と比較した時LED照明は約1/5と言われています。LEDの消費電力が少ない理由は発光の仕組みです。LEDは電気を直接光に変えて光るため効率的な仕組みとなっています。一方、白熱電球などは電気によりフィラメントを加熱して光を発生させる仕組みです。このような違いから、LEDの消費電力は少なくなっています。

LEDは虫を寄せ付けにくい

食品工場にとって、ハエなどの害虫は衛生面の大敵です。食品工場の衛生面を考えた場合、LED照明をおすすめします。虫は紫外線に集まる特性を持っていることが理由のひとつです。蛍光灯は紫外線を発するため、虫を寄せ付ける特性を持っています。LEDは通常の照明色の場合だと近赤外線を発するため虫を寄せ付けることはありません。注意しなければならないのは、紫に発色する場合です。このようなLEDは紫外線を発するため注意が必要でしょう。他に、紫外線や赤外線などが食品を酸化させることも無視できません。このような理由で、食品工場で衛生面での対策を考える時はLED照明のほうがよいといえるのです。

飲食店の事業者様必見!飲食店の事業者様必見!

長寿命であるため切り替えコストがかからない

寿命で比較をした時LEDは白熱電球や電球と比べ物になりません。LED電球は約4万時間程度の寿命です。一方、白熱電球は約1,000~2,000時間、電球型蛍光灯では約13,000時間となります。LED照明は、消費電力が少ないだけでなく、寿命は他の照明より圧倒的に長くなるのです。そのため、寿命が切れた時に行う交換の手間を省けます。交換の手間がかからないことは、従業員の安全を守るためにも大切です。高所に設置された照明を素人である従業員が交換する場合、落下などの危険性もあります。業者が入れば、業務もストップしなければなりません。このような面でも、LED照明のメリットは大きいのです。

LEDは発熱量が少なく、工場内の温度を保ちやすい

LED照明は発熱量が少ないという特徴を持っています。発熱量が少ないことは食品管理を考える上でも大きなメリットになるのです。夏場や冬場、食品の劣化を防ぐには室内の温度を一定に保たなければなりません。通常の白熱電球や蛍光灯を使用した室内では、エアコンで室温をコントロールする必要があります。その点において、LED照明は室温をコントロールしやすいと言えるでしょう。また、エアコンの冷却効率という面で考えてもLED照明のほうがよいと言えます。

明るく作業がしやすくなります

食品工場では、作業時、異物の混入などについて特に注意しなければなりません。照明の明るさが強くなく、手元が暗ければ作業しづらくなるだけではなく、異物が混入しても見逃すリスクもあるでしょう。LED照明は従来の照明より明るいため、手元がはっきり見えます。そのため、作業効率だけでなく衛生管理の向上が期待できるのです。

まとめ

食品工場に限らず、あらゆる現場で白熱電球や蛍光灯からLED照明に変えるメリットはあります。業務で電力を使用する場合、大きな電気代が発生することは無視できません。LED照明なら、白熱電球や蛍光灯よりも電力を抑えることが期待できます。さらに、食品工場では衛生面で特に注意しなければなりません。虫が集まってしまう紫外線が発生する蛍光灯では、衛生面でのリスクを高めることになるでしょう。それでは企業としての信頼を得られません。他にも、寿命が長く交換の手間が省けること、明るくて作業効率を高められるなどLED電球には多数のメリットがあるのです。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP