関西電力を名乗る怪しい電話が!?悪質ななりすましに注意!

2016年の電力小売り全面自由化以降、電力会社を装った悪質な営業電話や詐欺が蔓延しています。この記事では、そのような被害に合わないために注意しておくべき点についてご紹介していきたいと思います。

関西電力の公式HPでも注意喚起されている

関西電力を装った不審な電話には、関西電力も認知しており、以下のように呼びかけています。

関西電力や関係会社を装い、「漏電調査」や「電気設備の点検」、「節電機器の斡旋販売」の名目でお客さま宅を訪問し、調査費や設備代として多額の請求をしたり、目を離したすきに金品を盗んだりする詐欺・窃盗事件が発生しています。また、「契約内容の見直しを行っている」と称して、電気料金や電気使用量などの個人情報を聞き出そうとする電話や訪問も発生していますので、十分ご注意いただきますようお願いいたします。
引用元:関西電力からのお知らせ

また、このような被害は関西圏だけでなく、九州や関東でも横行しています。以下では、関西電力など大手電力会社を装った電話に騙されないために事例と対策方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

詐欺グループは個人情報を狙っている!!

詐欺グループの中には、個人情報を聞き出すために関西電力の職員を名乗って電話をしてくることがあるようです。
この時に「検針票を見せて欲しい」「電気料金がいくらくらいか教えてほしい」などという情報を聞き出そうとしてきますが、冷静になって考えてみましょう。

関西電力や関連会社の職員であれば、顧客である私達に確認する前に社内の正式な手続きを踏んで確認すれば良いのです。
どこの家庭でどれくらい電気料金を使っているかということは、わざわざ私達顧客に電話をよこしてまで聞くことではないのです。
コンビニの職員が、「昨日の夜にオレンジジュースを買いましたか?」と電話してくるようなものなのです。

ですので、このような電話があった場合は無視をするか、不安であれば関西電力に直接問い合わせてみるようにしましょう。

詐欺グループは宅内に入る方法を探している

特に関西電力の関連会社を装った電話の被害事例で多いのが、「漏電調査」や「ブレーカーの確認」といった理由をつけて宅内に上がり込もうとするケースです。

このような偽職員の目的は、工事と偽り高額な費用を請求することや、宅内に上がり込み金品を窃盗しようとすることです。
関西電力では、4年に1度、設備点検を行っていますが、調査・点検に費用が発生することはありませんし、身分証明証を携帯しておりますので、不審に思ったら証明書の提示を求めるようにしましょう。

太陽光や節電器を販売されたという被害も

関西電力を名乗って太陽光パネルや節電器といった商品を販売しようとする営業マンがいるようです。
販売代理店全てが悪い営業マンだとは言えませんが、関西電力の関連会社を装って販売する行為は詐欺です。

中には、関西電力とは名乗らないが「いつも関西電力をご利用いただきましてありがとうございます。」という文言から電話を行う会社もあるようです。
とっさにこのような電話が来たら、「関西電力の方なんだ」と勘違いしてしまいますよね。

また、節電器のような本当に効果があるのか分からない商品についても注意が必要です。このページをご覧いただいている用心深い皆様であれば大丈夫だと思いますが、本当に効果があるのかどうかはインターネットで調べてみたり、家族や友人に相談してみてから購入するようにして、絶対にその場で支払いや契約をしないということを徹底しましょう。

詐欺被害に合わないために

このような被害に合わないために、最低限以下のことは頭に入れておきましょう。

  • 関西電力およびその関連会社が商品を販売することはほとんどない
  • 契約時以外に関西電力の社員はプライバシー情報を聞き出すことはない
  • 関西電力の社員は、電話口では所属と部署名・氏名を名乗る

ただ、中には虚偽の部署名まで持ち出して私達を騙そうとする業者もあるようです。このような場合は、以下のような部署名を名乗る傾向があるようです。

  • 保安の部署(保安係、保安部、保安センター)
  • 検査・測定の部署(測定業務課、調査係、検針係)
  • その他(電力自由化センター、夜間部)

関西電力の公式HPでも記載されていますが、このような部署名は関西電力には存在しませんので、上記で紹介したような部署名を名乗った場合はまず警戒したほうが良いでしょう。

関西電力の問い合わせ先

事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP