【事業者向け】電力自由化ランキング!人気の新電力を一挙比較

これまで東京電力や関西電力のような一般電気事業者と呼ばれる企業が市場を独占していた電力事業も2016年の電力自由化に伴って様々な企業が参入できるようになりました。その数なんど540事業者(2018年7月時点)に登ります。

この中でも人気の高いENEOSでんきやauでんきのような消費者向けのサービスは、まだわかりやすいですが、事業者向けにおすすめの電力会社としてはどんなところがあるのでしょうか?
もちろん、auでんきやENEOSでんきも事業者向けのプランを出しているのですが、実はもっとお得な電気料金プランもたくさんあります。それを540社の中から見つけ出すなんて指南の技ですよね?

ということで、今回は諸姉諸兄らが一番知りたいであろう「結局どこの新電力がいいのさ?」という疑問に応えるべく、筆者が目を皿にして探し出した事業者向けおすすめの電力会社ランキングについてご紹介していきたいと思います。

事業者向け新電力会社ランキング

さて、「いつもいつも前置きが長いんだよ!」という意見が多かったため今回は前置きも何もなくせっかちな皆さんのためにランキングの紹介から移っていきたいと思います。

1.ハルエネでんき

ハルエネでんきは、事業者向けに多様な電気料金プランを提供している電力会社です。地方創生プランや業種特化型のプランを次々と開始しており、事業者向けであれば新電力の中でもトップクラスにおすすめできる電力会社です。

他電力会社が個人向けのサービスを拡充する中で事業者向けのサービスに特化しているハルエネでんきならではのお得な電気料金が多く、最近では特に介護業界向けの「日本介護でんき」が好調なようです。
提供エリアは全国ですが、事業者の状況に応じた幅広いプランがあるため、よく分からなければハルエネでんきにしておけば間違いないといったようなイメージを持って良いと思います。

実は電気料金はエリアによって異なりますので、一概に全国一律どこの会社を選ぶのが一番良いとは言えないのですが、ハルエネでんきなら軒並みお得な料金プランになっているため、全国の事業者におすすめできます。

ハルエネでんきについて問い合わせる

2.エネット

エネットは、一般電気事業者を除く電力会社の中では最多の電気販売を誇る新電力のリーディングカンパニーです。
エネットはNTTファシリティーズ、大阪ガス、東京ガスの3社によって設立された電力会社で、各社の強みであるITやエネルギーを組み合わせたことによる質の高いサービスが魅力的です。

「お得さ」という点では他の電力会社と比較してもメリットとは呼べないかもしれませんが、企業としての信用力やブランドという点においては、トップクラスだと思います。
「急に電力が供給されなくなったら困る」と不安に感じている方も安心して契約ができることが最大のメリットではないでしょうか。

ただ、各電力会社はバックアップ契約というものを締結しておりますので、どこで契約しても急に電力が供給されなくなることは無いので、安心していただきたい。

エネットの公式サイト

3.myでんき

JXTGエネルギーが提供するmyでんきは、東電・関電・中電のエリアに供給される電気サービスです。myでんきは契約容量に応じて多様なプランが設定されており、ハルエネでんき同様諸姉諸兄らが経営する事業にピッタリの電気料金プランが見つけやすいのが特徴です。また、企業としての信用力も高いので、ハルエネでんきよりも知名度の高い会社と契約したいという方はmyでんきがおすすめです。

myでんきの公式サイト

4.シン・エナジー

バイオマス発電や太陽光発電に対して積極的なのがシンエナジーです。もともとは、洸陽電機という社名でしたが2018年に社名を変更しています。
シンエナジーは、「少しくらい電気料金が高くても、環境に配慮した電力を利用したい」という高い志を持った諸姉諸兄らにおすすめの新電力会社です。

1500社を超える供給実績を持っており、企業のブランドとしても非常に高い会社であるため、安心して利用できる点もメリットに数えられるでしょう。
100%クリーンエネルギーというわけではありませんが、それでもクリーンエネルギーを利用して応援することに意義はあります。まずは環境保全の第一歩、踏み出してみてはいかがでしょうか。

シン・エナジーの公式サイト

5.丸紅新電力

丸紅新電力は世界23カ国で電力事業実績を持つ電力の総合商社です。ハルエネでんき同様に事業者向けのサービスを積極的に行っており、契約者も多いです。
電力自由化の創世記である2000年頃から電気事業に参入してきた実績を持っているため、ブランド力や信用力で選びたい事業者にはピッタリの内容ではないでしょうか。

丸紅新電力の公式サイト

間違いなくこれが一番!という電力会社はない

ここまで読んでいただいて、「根拠がなければ信用できない」という疑り深い諸姉諸兄らもいらっしゃるかもしれません。しかし、各社の電気料金はエリアによって異なっていたり、電気料金以外のサポート体制や付帯サービスも異なってきます。

何が言いたいのかというと、「全員が全員ここがおすすめ」という電力会社はないということです。東京ならA社がお得でも、大阪ならB社、福岡ならC社といったようにお得なプランは異なるのです。
「じゃあここまで記事を読ませて結局何が言いたいんだ!時間を返せ!」と手厳しいご意見をいただくかもしれませんが、こればかりは仕方ありません。

例えば弊社では電気代削減コンシェルジュというサービスを無料で提供させていただいておりますし、当サイト以外にもそういったサービスは存在しています。
こういったサービスを利用してみて、皆様が営まれている事業形態ならどの電力会社がお得なのかという意見を収集されることをおすすめします。

電力会社の中には、契約期間に縛りを設けている会社もあり、更新月以外の解約には違約金が発生する場合もありますので、
面倒だからといって、1社だけで見積もってしまうと、後悔するリスクもあります。ということで、曖昧な結論になってしまって、口惜しいですがまずは情報収集をしてみることをおすすめします。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP