お悩み別おすすめの電力会社一覧!電力自由化を活用して節約しよう!

2016年に開始した電力小売全面自由化に伴って、続々と電気プランの見直しが各家庭、各事業者で進んでいます。

「とにかく電気料金を安く」抑えるために乗り換える人もいれば、3.11の事故から「原子力発電所反対!」ということで、原発以外の電力を利用する方もいれば、「環境保全のために」と再生可能エネルギーを応援する方もいらっしゃいます。

――そう、私達は、電気を自由に選ぶ権利が与えられたのです。今回は、皆さんのお悩み別におすすめの電力会社を紹介すると共に、各電力会社の特徴を紹介していきたいと思います!

電力自由化で何ができるようになったの?

意外と皆さんご存知ないかもしれませんが、電力自由化は2000年頃から進められていたものです。2000年に始まった電力自由化では、東京電力や関西電力以外の「新電力事業者」と呼ばれる会社が大工場や大規模なオフィスビル施設などに電力を卸売を行う行為が認められていました。

それから10年以上が経過した2016年に、ついに一般家庭や小~中規模事業者に対しても新電力事業者が売電を行うことが認められました。この完全自由化によって、私達は、「どこから電力を買うか」ということが自由にできるようになりました。

少しくらい料金が高くてもいいから環境保全に貢献したいという方は100%再生可能エネルギーを提供している新電力会社に乗り換えることもできますし、「環境保全なんて知るか!とにかく安いところを利用するんじゃい!」という方は経営効率化によって電気料金単価を安くしている会社から電力を買うこともできます。

先立って電力自由化が開始した欧米諸国では、電力自由化によって既存一般電気事業者の電気料金が値上がりしたりという問題もあったようですが、現在では100%再生可能エネルギーのみを買うという運動が広がるなどして健全に運用されているようです。

お悩み別電力おすすめの電力会社一覧

さて、以下では「最エネ使いたいんだけど、どこがいいの?」「安いの使いたいんだけど、どこがいいの?」という疑問に応えるべく、要望別おすすめの電力会社をご紹介していきたいと思います。

予め理解しておいていただきたいのは、540社もある電力小売事業者の中から比較しておりますので、「これさえ選んどけば間違いない!」という回線はありません。
どういうことかというと、皆さんの生活スタイルによっては以下でご紹介する電力会社が一番おすすめだとは限らないということです。

以下ではあくまで人気が高く総合力が高いおすすめの電力会社ですので、ご参考程度にしていただければと思います!

とにかく安く使いたい方におすすめの電力会社

とにかく安く利用したいという方は、基本料金が無料のLooopでんきや、毎日指定の2時間電気料金が無料になるHTBエナジーがおすすめです。

Looopでんきは他のクチコミサイトでも有名な電力会社であるため、非常に人気も高いです。基本料金は各家庭で500円~1,000円程度支払っているはずなので、純粋のこの基本料金がなくなるだけでも大きな節約になりますね!
Looopでんきの公式サイト

HTBエナジーは旅行会社のHISの電力サービスです。HTBエナジーの面白いところは、毎日2時間分の電気料金が無料になるというサービスです。この2時間は生活スタイルによって選ぶことができます。
「毎日この時間に大量に電気料金を利用する」という方は、かなり節約できるのではないでしょうか。
HTBエナジーの詳細

事業を営んでいる方におすすめの電力会社

飲食店などの事業を営んでいる方は、ビジネスプランや法人向けのプランがお得です。特に飲食店の場合は使用電力が一般家庭に比べて大きいですから、基本料金を安くするよりも1kWあたりの単価を安くするほうが大きな節約になります。この法人向けのプランが豊富にあるのは、ハルエネでんきです。単純に料金が安いことももちろんですが、ハルエネでんきは豊富な法人向けプランが用意されていますので、最適なプランを見つけやすいということが大きなメリットです。

ハルエネでんきの詳細

再生可能エネルギーを利用したい方におすすめの電力会社

再生可能エネルギーを応援したいという方もいらっしゃるかと思います。再生可能エネルギーはどうしても不安定な電力供給となってしまうため、事業として取り組む会社が少ないのですが、それでも最近になって100%再エネによる発電を行っている新電力会社が出てきました。

その名もGREENa電気です。グリーナ電気では、太陽光発電、地熱発電、風力発電、小水力発電、バイオマス発電という再生可能で、環境への負担が少ない方法のみで発電を行っています。

再生可能エネルギーといえば、米国の超先進企業であるアップルが自社の消費電力の100%再生可能エネルギーにするなどのニュースも記憶に新しいですね。
日本では「だから何?黙ってやってればカッコイイのに…」と揚げ足をとるようなことを言われてしまいがちですが、欧米諸国ではこういった企業の社会活動というのは称賛され、直接的に利益に結びついてきます。

日本でも、「善行は黙ってやるべし」という文化を取っ払って称賛される日がくると良いですね。

グリーナでんきの詳細

程よく再エネを応援したい方におすすめの電力会社

高い電気料金を契約する余裕はないけど…でも、少しくらい貢献したい!そう考える方もいらっしゃると思います。
小さな応援でも、それが積み重なれば大きな進歩になりますからね!

そんな方には、シンエナジー(旧:洸陽電機)の電力がおすすめです。シンエナジーの電力は、電気料金も一般電気事業者(東電や関電など)に比べて安いですし、再生可能エネルギーによる発電を推進している会社でもあります。
シンエナジーは3,400件を超える施設への供給実績を持ち、信用力という点でも他の電力会社よりも抜きん出ています。

シンエナジーの詳細

電力供給は本当に大丈夫?

特に再生可能エネルギーを利用するにあたって、「急に電力が止まったりしないか不安」という方もいらっしゃると思います。
結論から言うと、急に電力供給が止まることはありません。電力小売り全面自由化以降、各電力会社はバックアップ契約というものを締結しており、一部の発電所がなんらかの原因でダウンしてしまったとしても、他の発電所からバックアップを受けることができるようになっているのです。

そのため、安心して電気プランを乗り換えることができますし、今後大震災が発生したとしても、電力は比較的安定的に供給されることが期待されています。

電気プランの乗り換えはどうすればできるの?

電気の乗り換えと聞けば、何やら大掛かりな工事が入ったりしそうな感じもしますが、実は申込の手続きをするだけで乗り換えることが可能です。

発電した電力を私達の家庭やお店まで届けてくれるのは、今まで利用してきた地域電力会社の送電網であることに変わりはないからです。送電設備というのは、かなり高額な設備投資が必要になるため、発電事業者は東京電力や関西電力が既に持っている送電網を借りて利用しているようなイメージです。

そのため、電気の質が落ちたりすることはありませんし、手続きさえ済ませてしまえばあとは電力会社同士で諸々必要事項を勝手に進めてくれるのです。

事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP