エアコンを1日つけっぱなしにするとどれくらい電気代がかかる?

「エアコンはつけっぱなしにしておいた方が電気代が安くなる!」と、SNSなどでももっぱらの噂です。一昔前は「エアコンはこまめに消した方が節電になる」といわれたものですが、いったいどちらが本当なのでしょうか。

いくら電気代が安くなると聞いても、誰もいない空間でエアコンをつけっぱなしにするというのは、それなりに勇気がいるものです。エアコンを1日つけたままにした際の電気代をシミュレーションして、本当に安くなるのか、どれぐらい安くなるのか見てみましょう。

エアコンはつけっぱなしの方が電気代が安くなる!?

エアコンはつけっぱなしの方が電気代が安いという説をネットなどで見かけても、単なる噂と思っている人も多いかもしれません。しかし、エアコンメーカーのダイキンの実験により冷房、暖房ともにつけたり消したりしない方が電気代が安くなることが実証されています。

ただし、すべてのエアコンに当てはまるわけではないという点は注意が必要です。製造年月日が古いエアコンは1日中つけっぱなしにしているとかえって電気代がかさんでしまいます。

一方、最近の省エネタイプのエアコンならば、1日中つけっぱなしにすることによって問題なく電気代を節約できるでしょう。エアコンつけっぱなしにチャレンジする前に、まずはエアコンの機種をチェックするようにしてください。

エアコンを1日つけっぱなしにしたら電気代はどれくらい?

実際、もし夏にエアコンを1日つけっぱなしにしたら、電気代はどれぐらいかかるのでしょうか。たとえば、東京電力が提供している商店・飲食店・事務所向けの動力プランでは7月1日~9月30日の電力量料金は1kWhあたり17円6銭です。

冷房の消費電力は商品によって異なりますが、たとえばスタート時が1730W、安定期が150Wというような差があります。もし、そのままの消費電力で1時間稼働したならば、

・スタート時 1.73kW×1時間×17.6円=30.488円
・安定期 0.15kW×1時間×17.6円=2.64円

と、1時間あたり約27円の違いがあることがわかります。したがって、24時間つけっぱなしにするのと、つけたり消したりして使うのでは、電気代は次のように大きく異なります。

・1日中つけっぱなしの場合 2.64円×24時間=63.36円
・つけたり消したりした場合 30.488円×3時間+2.64+21時間=146.904円

なぜつけっぱなしのほうが安くなるの?

エアコンは起動してしばらくが最も電力を消費するといわれています。スイッチが入って間もなくのエアコンは、室内温度と設定温度を近づけるために盛んに稼働していますが、この時に大量の電力を消費するのです。

エアコンを消すとどうしても室内温度は外気に近くなってしまいます。そのため、冬ならばより寒いところから、夏ならばより暑いところから、設定温度を目指さなければいけません。

しかし、エアコンをつけっぱなしにしていれば、室温は設定温度近くから変動することもないでしょう。エアコンは室温を下げたり上げたりせず、ただ一定の温度を維持するだけなので、消費電力も少なくなり、電気代も安くなるというわけです。

まとめ

エアコンのつけっぱなしが電気代の節約になるというのは、単なる噂ではなく、きちんとした理由もあることをご理解いただけたでしょうか。ただし、すべてのエアコンがそうなるわけではありません。製造年月日が古いエアコンではかえって電気代が高くなるので注意してください。

また、エアコンをつけっぱなしにした時、部屋の中の観葉植物に影響が出ることもあります。電気代が安くなっても観葉植物を買い換えるコストがかかってしまっては、元も子もありません。エアコンをつけっぱなしにしようとしている空間全体のことを考えた上で試してみてください。

事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP