単相とか三相って何?

電気には直流、交流の2種類があります。たとえば、直流は乾電池が生み出す電気で電流、電圧ともに変化しないことが特徴です。一方、電気会社から送られてくる電気は交流で電流や電圧が周期的に変化しています。

この電流と電圧の周期的な変化の仕方は、単相、三相という2タイプがあるのはご存じでしたか? 単相は配線が簡単に配線できる、三相は一度にたくさんの電力を送ることができるなど、それぞれメリットも異なります。

どこで何を目的に電気を使用するかによって、単相か三相か正しい方を選択しなければいけません。そもそも、単相、三相とはどのようなものなのか等、詳しく解説しましょう。

単相とは?

一般家庭やオフィスで使用されている電気は基本的に単相です。単相は電気を受ける電線、送るための電線という2本の電線を使って、交互に電気が行き来しています。

単相では、電流の時間経過に伴う変化を表すグラフは、サインカーブという曲線を描きながら変化していきます。サインカーブが1本なので単相と呼ばれているのです。

単相は電力も低めで安全です。また、配線が簡単なので一般家庭に広く普及しています。100Vと200Vの2種類があり、かつては100Vが主流でしたが、最近では電子レンジやIHクッキングヒーターなど電気消費量の大きい家電が増えたことで200Vを選ぶ家庭が増えているようです。

三相とは?

三相は3本の線で電気が送られてきます。単相よりも電気の通り道が多くなるので、たくさんの電気を効率的に流すことが可能です。つまり、少ない電流で大きな電力を得ることができます。

実際、単位時間あたりの電流の大きさをグラフ化してみると、3本のサインカーブが重なっていることがわかります。そのため、三相という名前が付いているのです。

三相は200Vのみですが、工場、商業施設などでおもに使われています。ただし、電力が大きくなるに伴って安全面への配慮は単相以上に必要になるという点に注意しましょう。

単相と三相はどっちが安い?

オフィスや店舗では、エアコン用の電源として単相、三相のどちらが良いか判断に迷うケースもあります。10坪程度ならば単相でも十分といわれていますが、ドアの開閉が多い美容室、PCが多く熱がこもりやすいオフィスなどでは三相が必要になってくることもあるでしょう。

電気料金の単価を比較してみると、200V単相では25円/1kW、200V三相では17円/1kWと、三相の方がリーズナブルです。三相の場合は高価な業務用エアコンを導入しなければいけませんが、ランニングコストが安くなるので導入負担は十分回収できるともいわれています。

エアコン用の電源は1日あたりの運転時間が長く、設置空間が広いといった場合は三相がおすすめです。そうとは言っても、賃貸物件などでは単相で契約済みというケースもあるので注意しましょう。

単相と三相の見極め方

「現在、使用している電気が単相か三相かわからない」という人もいるかもしれません。しかし、見極め方は簡単で、コンセントをチェックするだけでOKです。コンセントが2穴ならば単相、4穴ならば三相になります。

また、単相で契約していることがわかっても「100Vか200Vか不明」という時には、分電盤を開けてブレーカーをチェックしてみてください。100Vを200Vに変更したいならば、契約アンペア数は50A以上でなければならず、契約変更や工事が必要となることもあります。

まとめ

そもそも発電所では60万V三相を発電していて、送電には3本の電線を必要としています。しかし、そのままでは一般家庭への供給には不向きということもあり、電線2本で送れて電圧も低い単相が役立っているのです。

一般家庭ならば単相で問題ないかもしれませんが、たとえば、店舗やオフィスのエアコン用電源として単相か三相か迷うケースもあるでしょう。使用状況をよく分析して、適切な方を選択することをおすすめします。

事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP