LEDに変えると消費電力はどれくらい少なくなる?

「LEDは節電効果が高い」とよく言われていますが、皆さんは具体的にどれくらい安くなるかということをご存知でしょうか?本格的に電気代を計算してどれくらい安くなるかを試算してみたことがある方は少ないと思います。

ということで、今回は白熱電球や蛍光灯をLEDに切り替えることでどれくらい消費電力は少なくなり、どれくらいの電気代が削減できるのかということについてご紹介していきたいと思います。

白熱電球→LED電球で削減できる電気代

まずは電球でチェックしていきましょう。

今回は440lm(明るさの指標)の電球で比較していきたいと思います。

まず白熱電球ですが、440lmの明るさのものでいうと、代表的な製品として「パナソニックのLW100V36W 40W形」があります。電球の消費電力は36Wです。

一方LEDの場合、同じく440lmの明るさを持つ製品「5W E17口金 440lm」の消費電力は5Wとなっています。

もちろん使用環境によって左右されることはありますが、メーカーの公表している消費電力を比較してみると、白熱電球はLED電球7個分の電力を消費するということになりますね。

——では、仮にこの電球を50個設置したとして、どれくらい電気代が変わってくるのでしょうか。例えば東京電力と契約をしている店舗が、1日10時間、30日間使用したとするなら、電気代は以下のようになります。

  • 白熱電球:0.036kWh×27円×50個×10時間×30日=14,580円
  • LED:0.005kWh×27円×50個×10時間×30日=2,025円

1ヶ月の電気代に換算すると、12,555円の差が生まれることになります。

もちろん個数や営業時間が少なくなればこの差は縮まりますが、逆に増えると差も大きくなります。——なにより月1万円というのは非常に大きな節約になります。

ダウンライト→LEDで削減できる電気代

次に飲食店をはじめに店舗ではよく使用されているダウンライトタイプの電球で比較してみましょう。

「E17口金 50W」の白熱電球の消費電力は42Wです。一方の50W相当のLED電球の消費電力は5.6Wとなっています。つまり消費電力は36.4W分節電できることになります。

電気代については先程と同じ条件で試算してみると、以下のようになります。

  • 白熱電球:0.042kWh×27円×50個×10時間×30日=17,010円
  • LED:0.0056kWh×27円×50個×10時間×30日=2,268円

つまり電気代は1ヶ月で14,742円も削減できる計算になります。1年なら176,904円、10年なら1,769,040円の節約になりますね。

さらにダウンライトタイプは電球に比べて1個あたりの製品価格も高いです。このため、LEDのもう一つの特徴である「寿命の長さ」も経費削減には大きく寄与します。

例えば白熱電球の場合、コイズミ照明のADE550514という商品がありますが、インターネットの販売価格は1,296円です。白熱電球の寿命は2000時間程度と言われており、一方のLED電球であれば40000時間も持つと言われています。——ですので、単純計算でLEDを一つ切り替えるまでに白熱電球は20回も切り替える必要があるのです。

つまり、白熱電球の場合は1個あたり1,296円×20=25,920円も余分に経費がかかってくることになります。1日10時間営業した場合、LED電球ならだいたい10年〜11年くらい持つことになりますから、白熱電球を使い続ける場合電球が50個もあれば10年間で1,296,000円も損をすることになってしまうのですね。

先程の電気代の差額で考えても10年間で300万円程度の経費の差が出るということになります。もちろん「10年間店舗が継続すれば」の話なので、数年で店舗を移動したり畳んだりする場合は白熱電球のほうが得になることもありますが、長く続けることを考えるなら早い段階でLED電球に切り替えたほうが良さそうです。

飲食店の事業者様必見!飲食店の事業者様必見!

蛍光灯→LEDに切り替えた場合

オフィスなどでよく使用されている蛍光灯は白熱電球に比べて寿命が長く、電気代も安いですが、LEDよりは寿命も短く、電気代も高くなってきます。さて、そんな蛍光灯からLEDに切り替えることで、どれくらいの消費電力を抑えることができるのでしょうか。

よくある直管の蛍光灯の場合、580mmのものだと消費電力は20W程度です。今回はパナソニックの「FL20SSEL18M」という製品とLEDを比較してみましょう。FL20SSEL18Mは1400lmでメーカーが公表する消費電力は18Wとなっています。

LEDの場合は同じく1400lmで580mmの製品だと消費電力は10Wです。

便宜上先程までと同じ条件で試算すると、電気代は以下のようになります。

  • 蛍光灯:0.018kWh×27円×50個×10時間×30日=7,290円
  • LED:0.01kWh×27円×50個×10時間×30日=4,050円

1ヶ月の電気代は3,240円の削減ができるということになります。1年なら38,880円、10年なら388,800円の差が出ます。LEDの交換に1万円〜3万円かかったとしても、1年間で回収できてしまうくらいには安いですね。

なお、蛍光灯は寿命が1万時間〜2万時間持つため、切り替えによる電球交換のコストはそこまで大きくありません。もちろん、蛍光灯が高い位置に設置されていて業者に依頼したりする場合は別途費用が発生してしまうので、そのあたりも考えてみると良いでしょう。

まとめ

まとめると、どのような場合でもLEDに切り替えることによって大幅な経費削減ができることがわかりました。特に白熱電球を使用している場合はすぐにでも切り替えたほうが良さそうですね。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP