LEDの工事費はどれくらい?どれくらいの期間で回収できる?

LEDに切り替えるために必要な工事費

LEDに切り替えるなら、工事をおすすめします。工事をしなくても設置できるLED照明も販売されているため、工事を行う必要があるのかと疑問に感じる人もいるかもしれません。ただ、従来の蛍光灯からLEDに切り替える時、設置されている安定器などの器具のことを考える必要があります。蛍光灯には、安定器という器具が使われており電力が必要です。LED工事をしないと、安定器は電力を消費します。結果、LED自体の電力消費量は少なくても安定器に使われる電力消費で電気代が高くなることが考えられます。そこで問題になるのはLED照明の工事をするメリットです。工事費用を回収できるのはどれぐらい期間かかるかなど、その点も解説します。

LEDに切り替えることでどれくらいの電気代が削減できるのか?

LEDに切り替える大きなメリットは電気代の削減です。ただ、本当に電気代が削減できるかどうか不安な人もいるでしょう。LED以外で、照明に一般的に使われているのは白熱電球や蛍光灯です。消費電力が440lm(ルーメン=明るさの単位)の白熱電球とLEDを比較してみます。一般的に、同じ明るさでも白熱電球の消費電力は36W。LEDだと同じ明るさの製品でも消費電力は5Wです。このことからも消費電力が少ない=電気代が安くなると考えられるのです。ただ、使用環境は除いているためその点は注意してください。東京電力エナジーパートナーの2019年3月時点での電力量料金『120kwhをこえ300khまでの料金単価26円00銭(第2段階料金)』を基準として白熱電球とLEDを同じ50個と考え、1日8時間30日でかかる電気料金を計算してみます。

  • 白熱電球 0.036kwh×26円×50×8×30=11,232円です。
  • LED   0.005kwh×26円×50×8×30=1,560円です。

このように電力消費量が異なるだけで10,000円近い差が出ると考えられます。

蛍光灯と比べた場合

LEDと蛍光灯で同様に計算してみます。共に直管型タイプ1400lmで580mmとした場合、蛍光灯の消費電力は18W程度、LEDだと10W程度です。この数値を基準にし、白熱電球と同様の計算式で電気代を算出します。

  • 蛍光灯 0.018kwh×26×50×8×30=5,616円
  • LED 0.01kwh×26×50×8×30=3,120円

白熱電球と同様に2,500円程度の差が出ます。LEDは消費電力が少なく約30日で考えるとこれだけの差が出るため、お得といえるのです。

だいたいどれくらいの期間で回収できる?

LEDの工事をするにしても費用を考えた時、どれぐらいで回収できるかどうかも考えた方がよいでしょう。ただ、回収という観点で考えるなら、寿命のことも無視できません。消費電力では従来の白熱電球や蛍光灯よりLEDは少ないです。同時に、LEDは寿命も長くなっています。白熱電球の寿命は約1,000~2,000時間、電球型蛍光灯だと13,000時間、LED電球は4万時間と圧倒的です。 LED電球の消費電力は白熱電球と比べて大変少なく、寿命はどの電球よりも長くなっています。このことを踏まえて考えると週6日1日で12時間利用しても11年~16年間の利用が期待できるのです。

LEDの工事費用相場について

工事費用はそれぞれの施工会社によって異なります。ただ、LEDの工事費用相場としてあえて一例を出すと1カ所3,000円~5,000円程度です。この金額は工事費用だけではなく、LED照明も含まれた金額と考えてください。事業所でLEDに替えるとした自然と数は多くなります。50個替えるなら単純計算で15万円~25万円はかかる可能性もあるでしょう。それでも、白熱球からLEDに替える場合、50本使用時間1日10時間を365日使い続けたとして、電気代も含めて考えると最短で約3年での設備投資への回収が期待できます。

LEDの工事費は補助金で対応できる場合も

LEDの工事をしたくてもなかなか手を出せないという人もいるかもしれません。そのような方は、LEDに関する補助金制度もあるためチェックしてみてください。例えば東京都中央区では、区内に事業所がある中小企業を対象に、新しくLED照明器具を設置する時に補助金を交付しています。平成30年度の受付は終了しましたが『事業所用自然エネルギー及び省エネルギー機器設置費助成制度』で補助金額は設置費用の50%。上限額は50万円という補助金がありました。ただ、補助金は予算が決まっている、ということに注意してください。予算がつけば再び補助金を得られるチャンスがあるため、LEDを検討している人は忘れないようチェックしましょう。ただ、無条件で補助金が出るわけでもありません。それぞれ条件があり、申請も行わなければならないため、まずは自治体に相談してみてください。

まとめ

LEDの魅力は圧倒的に消費電力が従来の白熱球や蛍光灯より少ないことです。また、寿命も長く、新しい機器を購入するスパンを長くできます。いくつかの箇所でLEDの工事をしても、結果的に工事費用をすぐに回収できるのが魅力です。ただ、施工をしてくれる業者も複数あります。中には法外な施工費用を請求してくる業者もあるかもしれません。そうならないよう、LED照明の工事をするなら他の業者と相見積もりなどをして比較してみてください。そうすることで、工事費用の節約と共に信頼できる業者を見つけられるでしょう。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見! 事業者様必見! 事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP