室外機カバーを使うと節電ができる?

エアコンは、私達の普段の生活の中で欠かすことの出来ない電化製品であり、夏や冬などで大活躍してくれます。しかし、エアコンは使えば使うほど電気代が高額になってしまい、家計の負担になってしまうものです。

個人の自宅であれば、扇風機を使う、我慢をするなどの選択肢が存在しますが、小売業や飲食業などの店舗であれば、お客様のことを考えるとエアコンの使用は欠かすことが出来ません。

今回は、そのようなエアコンの電気代に悩む店舗様向けに、意外に見落としがちな室外機にカバーを付ける節電効果についてご紹介したいと思います。室外機にカバーを付ければ、どのような節電効果が現れるのでしょうか?

1.室外機の仕組み

冷房運転のときは、部屋の熱を外に放出することで室温を下げています。逆に暖房運転のときは、外の熱を室外機が吸い込んで集め、室内の冷たい空気を室外機からだしているのです。この室外機の役割を果たすことで冷房のときは涼しく、暖房のときは暖かくなっています。

 

しかし、室外機の手入れをせずに、外にそのままの状態で置いていると、室外機にゴミなどが蓄積され、これらの効果に不具合が生じるおそれがあるのです。

 

周辺の空気が熱くなっている夏は、フィンの汚れなどで熱がこもっている室外機だと多くのパワーが必要となり電気代がますます高くなる可能性も。それではより効率的に室外機を使用するには何を行えばいいのでしょうか。

 

2.室外機カバーの役割

室外機を熱から守るカバーには主に2種類の形があり、直射日光を避けるための屋根型のタイプか、室外機を全て覆うタイプです。

 

前者の屋根型タイプは、直射日光が当たる場所に設置されている室外機に使えば、電力効率が上がり節電効果があります。特に夏場は、室外機の周りがとても高い温度になってしまい無駄に電力を消費してしまうのです。日陰に設置ができていない場合は日よけが必須でしょう。

 

後者の全て囲むタイプの室外機カバーのメリットは、室外機の生活感がなくなりおしゃれに見えることです。しかし、このタイプは室外機の吹き出し口を塞ぐため、放出した熱風を再度吸い込んで冷房効率が悪くなってしまうのです。エアコン使用時は、室外機カバーを装着し運転を行うようにしましょう。

 

以上のことから、冷房代の節約だけを考えるなら屋根型タイプの室外機カバーか、簡易的な断熱効果のある日よけカバーで十分だといえます。

積雪を考慮したり、室外機の見た目をお洒落にしたりしたい場合は、囲いタイプを推奨します、排気がこもりやすいことを念頭において、まず何を重視するか決めてからカバーを選ぶようにしてください。

飲食店の事業者様必見!最大10,000円現金キャッシュバック!

3.室外機の熱を抑えるとどのくらいの節電ができるのか

電力中央研究所が室外機の温度と消費電力を実験したデータがあります。

 

①設定温度28度 室外機の温度35度 使用電力322W

②設定温度28度 室外機の温度30度 使用電力187W

 

上記の設定温度は同じ28度設定でエアコンを運転したときの消費電力ですが、室外機の温度が高ければ、使用電力が高いことが伺えます。特に真夏日などであれば、気温などの影響で高くなってしまいますが、室外機カバーをつけて、できるだけ室外機の温度を下げることで節電が行えるわけです。

4.室外機カバー以外の節電方法

室外機カバーを使用する以外にも簡単にできる節電方法はいくつかあります。

○室外機のファンを掃除する

屋外に設置しているため、室外機のファンはとても汚れやすいです。ファンが目詰まりすると余計な不可がかかってしまい、エアコンの効率が悪くなります。内部に入ってしまった砂やホコリなどは定期的に掃除するようにしましょう。

○室外機の周りのゴミや障害物を取り除く

室外機の周りにゴミや障害物があると排熱の妨げになる可能性があります。室外機から半径20cmの範囲はなるべく物を置かず、風通しが良い環境にするとエアコン効率が良くなり電気代の節約につながります。

○ドレンホースを綺麗にする

水分を外に排出する役割をもつドレンホースですが、詰まると故障するおそれもあります。砂利が詰まっていないか、蜘蛛の巣が張っていないかなど確認し取り除いてください。

室外機の汚れを放置すると電気代への悪影響だけではなく、故障の原因にもなりえます。年に2回、冷房シーズンが始まる前と、暖房シーズンが始まる前には行うようにしましょう。

5.まとめ

 

意外と見落としがちな室外機。定期的な清掃や室外機カバーを付けることで節電に繋がること、長期的に使うことができます。特に夏場や冬場などエアコンをガンガン使うシーズンに入る前に室外機とその周辺をキレイにすることをオススメします。夏場は室外機が熱を持ちやすいことを忘れずに日よけになるタイプのカバーを付けるなどちょっとしたことが大きな節電へと繋がるのです。

また、店舗経営などで電気使用量が多い場合は、契約している電気プランなどを見直してみましょう。電力会社を切り替えることで、さらなる節電へと繋がる可能性もあります。今一度、電力プランを診断してみてどのくらい節電できるのか見てみましょう。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP