鉄板焼き

飲食業の電気代節約の工夫!電力自由化によって電気代は節約出来るのか!?

飲食業の電気代節約の工夫!電力自由化によって電気代は節約出来るのか!?

2016年に行われた電力自由化で、契約会社が選べるようになりました。このことから会社選びを基本とする電気代の削減も可能となり、細かな節約が求められる飲食業にとっては工夫すべき点でしょう。

一般的に消費が大きいと思われる鉄板焼き店でも、電気消費量を見直す点は多くあります。
上手に節約術を多用して、コストの見直しを図りましょう。

契約会社の検討と並行して、飲食業態における鉄板焼き店では然るべきコストカット術が存在します。
電気会社変更のメリットと、さらに電気代削減を工夫して理想的なお店づくりを行っていきましょう。

鉄板焼き店で電気代を節電するには?

鉄板焼き店は飲食業の中でも、そこで働く料理人の環境が求められます。鉄板から放出される熱は、冬もそうですが、特に夏場、室温が非常に高まります。
鉄板焼き店はオープンキッチンが多いので、顧客の席管理も上手に行い、その上で節約を行っていきましょう。

電気代カットのための飲食業節約術

電力消費はこまめな意識付けから直すことが可能です。
使っていない機具や場所の電気製品は、点けっぱなしにするのではなく、可能な限り切っていきましょう。
また、LED照明を導入することで省エネ空間が生まれ、結果的な節約となります。計画的に照明も変更していきましょう。

鉄板焼き店に合った電力会社の選び方

契約会社を選ぶ前に、まずどれだけの電気代がかかっているか、またどれほどの電気消費量が毎月あるのかを店舗に送られてくる請求書などで確かめましょう。それがわかったら、「電力会社 比較」などで検索すると、地域や使用量から適切な会社を選択できる手引きが出てくるはずです。その結果を参考に電力会社を絞っていきましょう。

契約会社変更によるメリット

電力会社を変更しても、しっかりプランと調べて選択することで従来と変わらず、電気の品質をそのままに電気を使うことができます。
電気が必須である飲食業では、何かと心配な点があると思いますが、特別な工事は大掛かりな変更を行わない限り、ほぼないので安心してお申込みできます。

食材の費用を削減するわけに行かない!

必要に迫られない限り、食材よりも維持費などを見直していきましょう。もちろん、食材費の見直しも大切ですが、飲食業ではうかつな変更は致命的になりかねませんので、出来ることなら他の部分での削減を行っていきましょう。

飲食業のコストカットは慎重に

顧客が飲食店を選ぶ理由に、味は間違いなく不可欠な要素です。
不用意に食材を変更してしまって、顧客が離れていくことは十分に考えられます。検討に検討を重ね、行っていきましょう。
また、取引の会社が変わることで支払方法もがらりと変わってしまい、無用な金策に走らなければならないというケースも耳にします。事前に計画を想定して気を付けねばなりません。

節約で気を付けるべき点

あまりにも徹底しすぎて、お店のムードが変わってしまう場合があります。またコストカットだからといって、エアコンの温度設定を大幅に変えてしまうと、働く環境としても、顧客の満足度としても、マイナスに働いてしまうことは考えておきましょう。

食材以外の費用削減を目標に

目標と定めるべき電気代を設定しておくことは重要です。数字を可視化することで、お店全体に規律を周知させることができるので、目標の電気代は設定しておきましょう。飲食業では従業員のムードも大切ですので、その点も気を付けるよう心掛けたいところですね。

飲食店の事業者様必見!最大10,000円現金キャッシュバック!

飲食業は電力自由化を活用するべき!

自由化は削減のチャンスです。しっかりと見極めるべきポイントを押さえることができれば、はっきりした節電計画を立てることもできるようになるでしょう。
日々の努力によって利益が生まれることはしばしばあるので、このチャンスを逃さないようにしましょう

様々な契約可能会社を知る

比較すべき会社をリサーチするのは大事なことです。しかし、新たに参入した会社も検討するのはかなり大変なことでしょう。
よくあるのが比較サイトです。地域、使用状況、環境などのデータを打ち込むことで、自分の飲食店、鉄板焼き店に合ったサービスを提供してくれる会社を探すことができます。
同時に、使用アンペアの環境も見直しましょう。使用しているアンペアによって料金は大きく上下するので、「もし大容量のアンペアを契約しているけど、全然使っていない」という場合は一段階下げることも視野に入れましょう。

電気会社における料金コース

各電気会社では電気代を計算するコースがあります。コースは使用状況のバランスを考えて選択するのが好ましいですが、しかし「auでんき」のように携帯キャリアが行っているサービスもあります。
もし併用できるサービスがあるのであれば、お得なプランもあるので探してみましょう。
飲食業によくあるのは、電話や通信回線、ガスなどのサービスの併用でしょう。そういった点からも調査してみることをおすすめします。

まとめ

飲食業を取り巻く環境は日々変わっていっています。一度波を逃してしまうと、ずっと損をしたまま営業を続けてしまうということも考えられます。

損を排除して、得だけを取る。それができるのが節電です。
まずは契約会社を検討するところから始めましょう。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP