中華料理店

中華レストランの電気代節約は目標値を決めてやりましょう!

【中華レストランの光熱費を省エネで節約】

中華レストランと言えば、飲食業の中でも日本人に人気で有名店も多いですよね。ところで、皆さんが中華料理と中国料理に違いがあるのを知っていますか?実は中華レストランは中国料理を日本人が食べやすいようにアレンジを加えているケースが多くあるのです。

また、一般的に中国料理よりも庶民的で値段単価が低いイメージが強いですよね。これは日本人が食べやすいメニュー、例えば餃子やラーメンなどを多く取りそろえていることが多いからです。なので、中華レストランはお客様の1人当たりの単価は低いのですが回転率が高い傾向にあります。

つまり、たくさんの人が出入りし、多くの料理を出す必要があるので、中国料理店と比べても同じ規模のお店だとしたら、中華レストランのほうが光熱費が掛かりやすいのです。これはどうにかして節約を考えたいですよね。しかし、ガス代を抑えてしまうと火力が弱まって味の質が落ちてしまいますし、電力の使用を制限すると空調が悪くなってお客様の足が遠のいてしまう可能性があります。

飲食業を営む上で、光熱費は売り上げの7%以内に収めておくべきですが、これを超えてしまう場合は、収まるように目標を立てて電気の削減・節約をしていきましょう。

中華レストランで必要な電力と電気代

中華レストランは、飲食業界・飲食店の中でも電力の使用量が多い為、電気代がかかると言われています。この理由は、強い火力で料理するため部屋全体が暑くなるので特に夏場はエアコンの使用量が増えます。また、ラーメンやギョーザ、チャーハンなど熱い料理の提供が多い為、お客様も室内の温度を下げたがる傾向にあります。なので中華レストランは飲食業の中でもエアコンの使用量が多く、電力が掛かってしまうのです。

では実際にどれほどの電気が必要となるのでしょうか?ここでは、まず高圧契約と低圧契約についての理解が必要となります。
まず、低圧は一般的に家庭向けで契約をされている内容です。小規模の向上や店舗でも低圧のみを使用しているケースは見られます。そして次に高圧は、企業向けで多くの電気を必要とする契約内容になります。特に飲食業では大型のエアコンを使用する場合に、高圧が必要になる可能性が高いのです。また、契約プランによっては低圧・高圧どちらも用意する必要があるので、電気代は小規模の店舗と比べると、高くなる可能性があります。

飲食業の電気料金を見直そう!

電気代の使用量を抑えようと思っても、お客様が暑がってしまっては快適な空調とは言えませんし、売り上げにも関係してきます。飲食業界では、一般企業とは違うのでクールビズが導入しにくいと言われています。これは直接お店の売り上げに関わるからです。
しかし、電気の使用量を気にせずとも、電気代を節約する方法が1つあります。
それは、電力会社・プランの見直しです。

お店に合った電力会社・プラン内容を見つけることで、大幅なコストカットが実現できるなら、実行してみたいですよね。特に昔からずっと同じ会社、プランでいる飲食業の方は、これを機会に見直すことをおすすめします。と、言うのも2016年から始まった電力自由化で、選択肢が大きく広がったからです。今までは特定の会社とのみ契約がされていて、地域や季節によって若干変動はあるものの決められた電気代を支払うだけでした。しかし、現在では好きな会社・プランを自由に選ぶことができます。特に大きいのが2016年からは低圧も全面的に自由化となったので、ほとんどの飲食業の電気代は内容を見直すことで安くなると言えます。電気の使用量の割合が大きい中華レストランなら尚更で、ピッタリなプランを見つける必要があると言えます。

電気会社とプランを選びなおすことで得られるメリットとしては主に

  • 電気費用が安くなる
  • 料金内容が見やすくなる
  • エコエネルギー電力の選択が出来るようになった

この3つが挙げられます。

まず1つ目は何度も説明しているように、電気代が安くなるので、経営においてコストカットが実現できます。2つ目は料金内容の明白化です。今まで電気の使用量について、選択肢がなかった分どのプランが最適なのか分かりにくかった部分がありますが、他社との差別化を図るために詳細に分かりやすく記載している会社が多くなりました。そして最後にどのように作られた電気を使用しているか、選ぶことが出来るようになった、という点です。

従来は火力・風力・原子力とどのように作られた電気なのか、自分がどれだけの割合でその電気を使用しているのか分かりませんでしたが、電気を取り扱う会社によっては「エコエネルギーのみを使用して作られています」など、環境に配慮をして会社も多く見られるようになりました。

これから電気は自分で選ぶ時代となっています。省エネについて考えることも大切ですが、まずは電気会社を選び直すことからスタートしてはどうでしょうか?

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP