料亭で電気代を節約するのなら何をコストダウンするべき?

【料亭の絶妙な雰囲気を出す照明】

飲食業を営む上で、料理の味と同じぐらい大切なのは店内の雰囲気です。この雰囲気は、決して広い空間、インテリアだけでは出ません。実は雰囲気を大きく左右する照明もとても大切となってくるのです。
特に料亭など高級食品を取り扱い、一流の方を相手にする飲食業にとって照明は料理の印象も大きく変えるため、重要な存在だと言えます。例えば、立派なお店構えの料亭の電気がただの蛍光灯では味気ないですよね。間接照明やこだわりの光を入れることで、店内全体の風格が上がります。
特に料亭と言えば和紙を使った間接照明がよく見られますよね。最近では、LED電球の使用が広がったことから、様々なオシャレな照明が増えてきました。
しかし、こだわる上でどうしてもかかってしまうのが“電気代”です。
電気代はなるべく削減、節約をして抑えたいと思う反面、お店のイメージを守るためには仕方のない費用だと思って諦めている経営者の方も多いかと思います。また、電気代は照明だけではありません。エアコンも電気の使用量を大きく使う家電の一つです。

【快適なエアコンの温度】

夏場、最も電気代の割合として多いエアコン。エアコンで常に快適な温度を保っておかないと、お客様に不快な思いをさせてしまう可能性があります。また、料亭と言う場所ではフォーマルな恰好をされている方が多いため、汗を気にしないで食事を楽しんでいただくためにも、特に気を付けたいところです。
では、快適なエアコンの温度を保つためにはどうすればいいのでしょうか?

まず、知っておいていただきたいのが女性と男性では快適だと感じるエアコンの温度が違うという点です。女性は男性よりも温度に敏感なため、快適に思う温度は28度前後だと言われています。一方の男性は、快適に思う温度が25度と、女性と3度も差があることが分かります。なので個室の予約をいただいた時に女性客だけなのか、男性客だけなのかを把握し、室内の温度の設定を変えておくだけでもお客様の快適だと思う印象が大きく変わってきます。また、女性客にあわせてエアコンの温度設定を変えれば、電気料金の節約効果も得られるので、一石二鳥の方法だと言えます。

一方男性は、快適な温度を25度伝えましたが、これは長時間同じ部屋でずっと居続ける場合の温度です。女性と違い食事を進めるに連れて汗をかいたり、また暑い外から店内に入った際は特に涼しさを求める傾向にあるので、男性ばかりの予約が入ったら、25度より少し下げておきましょう。ただし、エアコンの風が直接お客様に当たるようになっていると、不快に思われる方もいるのでエアコンの温度を下げる場合は、席の配置などに配慮して行うべきです。
しかし、料亭など個室が多い飲食業では特にエアコンの使用料金が高くなってしまう傾向にあります。お客様の気分を守るためにも仕方のない経費なのでしょうか?

また、料亭では高級な日本酒を取り扱うため、お酒を管理するための空調施設が必要となります。この空調室も品質を守るために徹底した管理が必要なので電気代がかかります。

飲食店の事業者様必見!最大10,000円現金キャッシュバック!

【飲食業の電気代は省エネでコストダウンができる】

飲食業界でも省エネが推奨される中で、電力の使用内容を見直すことはとても大切ではありますが、一方でお客様に不快なイメージを持たれる可能性も捨てきれません。
特に料亭のような高級志向の店では、節約・削減のイメージを持たれるのは致命傷で、お客様の足が遠のいてしまう原因にも繋がります。そこで提案する省エネ方法が、電力会社の選び直しです。2016年より電力自由化が始まり、電力会社の選択肢が大きく増えました。上手くプランを選び直すことで、特質した節約を行わなくても電気料金の支払いが安くなるなら、余分なコストの削減にも繋がりますよね。
また、新しい電気会社を選ぶことによって増える不安点として

  • 新たな工事
  • 電気の質の低下
  • 停電などが増えるのではないか

という考えを持たれている方がいますが、現状ではほぼ問題ないと言えます。

と、言うのも電気会社は変わっても、送電をする仕組みは全く変わらないからです。つまり、送電会社は今までと同じで、電気料金の支払い先だけが変わる仕組みなので、電力の質が変わったり、急に停電が増えるなどの心配もいりません。

また、電気会社が変わることによって新たな工事が必要なのでは?と疑問に思われる方もいますが、基本的には大掛かりな工事は必要ありません。必要となるのはメーターの交換のみのケースが多く、基本的には無料です。また、工事も付け替えだけなので10~20分で終わることがほとんどです。新たに会社を選びなおすことで得られるメリットは多く、また支払う料金だけが変わるだけで、今までのシステムとほとんど変わりが無いのであれば、お客様が不快に思う事もないので安心ですよね。

WEB上では新しい契約会社の導入で電気代がどれだけコストダウンできるのかシミュレーションができるサイトもあるので、一度チェックをして削減効果があるのか、ぜひ確かめてみてください。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP