うどん店

うどん店の飲食業運営に必要な電気代を少しでも節約する方法

【うどん店の運営にかかる電気代はいくらくらい?】

飲食業を営むオーナー様にとって、お店の経営に関わるコストをどれだけ抑えられるかは、運営していくのに最も重要視されることです。どれだけ売り上げがあっても、コストがそれを上回ってしまえば赤字経営になりますよね。飲食業でかかるコストと言えば

  • 家賃
  • 仕入れ代
  • 人件費
  • 光熱費
  • 広告費

などが挙げられます。

人件費、広告費は変動費なので予想を立てるのが難しいですが、家賃・光熱費などは固定費と言われ、比較的毎月コストがどれぐらいかかるのか、分かりやすいとされています。

特に電気代は契約ワット数で基本料金が決められているので、いくた節約をしても基本料金を下回ることがありません。この情報をもとに、大体いくら1か月で電気代が掛かるのか考えてみましょう。

今回はうどん屋をモデルケースとして考えていきます。うどん屋は比較的に電気を大きく使う事は無く、経営をうまくこなしているお店であれば、全体の売り上げの7%以内を光熱費に収めていると言われています。

例えば、1か月500万円の売り上げがあるお店であれば、35万円が光熱費で収まっていれば、問題ないとされています。光熱費の割合を考えると、うどん屋では常にお湯を沸かす必要があるので、ガス代の割合が高くなります。平均してガス7:電気3ほどになるので、おおよそ電気代は10万円以内に収めていればいいと言われています。
しかしこれはあくまでもモデルケースとなります。うどん屋でもお店の規模によってはもっと安く済む場合もありますし、高くなる場合もあります。

【うどん店など飲食業の電気代を削る方法は?】

うどん屋をはじめ、飲食業を営んでいるなら出来るだけ電気代を節約したいと思いますよね。では、どのような節約術があるのか説明をしていきます。

うどん屋で出来る節約ポイント①電気の人感センサーの導入

最近少しずつ増えてきている、電気の人感センサー。人がいるのを感知して自動で電気のON・OFFを行ってくれる優れ物です。導入できる場所は主に

  • トイレ
  • スタッフの更衣室

等が考えられます。特にスタッフの更衣室などは「つけっぱなしを禁止」にしても守れない従業員が多く、なかなか徹底できないのが実情です。しかし、人感センサーであればスタッフがいない時間帯は電気を自動でOFFにしてくれるので、無駄な電気が掛かりません。
また、人感センサー付きの電球に取り換えればいいだけなので、導入も簡単なのがメリットだと言えます。

うどん屋で出来る節約ポイント②冷蔵庫の温度調整を確認する

飲食店にとって一番使う材料は小麦粉です。高温多湿ではすぐに痛んでしまうため、冷蔵庫で保管をしている店舗も多いかと思われますが、その際の温度を調節していないともったいないことになる可能性があります。
特に冷蔵庫は通常3度前後です。しかし小麦粉はそこまで冷す必要がないので、冷蔵庫の温度を上げておいて、電気代の節約をしましょう。もちろん、小麦粉を冷蔵庫保管していない場合でも、冬場は冷蔵庫の温度を上げておくだけでも電気代は節約に繋がります。

うどん屋で出来る節約ポイント③エアコンの設定温度

エアコンは電気代を最も多く消費する電化製品の一つです。エアコンの設定温度を変えるだけでも、電気代は大きな節約になりますが、飲食業にとって空調の悪さは客足を遠のかせる原因になりかねないので、注意は必要です。

エアコンの温度を設定する箇所としては、スタッフの待機室などがよく挙げられます。特に待機室は常に人がいる訳ではないので、設定温度を少し上げておきましょう。また、エアコンの種類によっては小まめに消すことで何度も部屋を冷やし直しことになり、逆に電気代がかかってしまう場合があります。特に新しいエアコンはつけっぱなしを推奨されていることもあるので、確認しておきましょう。

【電力会社の見直しで電気代が節約に!】

2016年4月から始まった電力自由化により、選択する電力会社によって支払う電気料金は大きく変わってきました。しかし、中には「名前も知らない電力会社の電気の質って大丈夫なの?」と、不安に思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、送電システムは従来と全く変わらないので、特定の会社だけ停電しやすい、電気の質が悪いという心配は必要ありません。今と全く変わらない状態で、使用料金だけが安くなるのであれば、ぜひ検討して経費削減につなげたいですよね。特に、飲食業のような家庭よりはるかに電気の使用量が多いお店であれば、なおさらです。

また、最近ではガス会社も電気も取り扱うようになり、ガスと一緒に契約することでお得なプランを選択できるようになるなど、自分のお店にあった料金内容を見つけることが大切となります。

まずはWEBなどでは簡単に契約内容・契約会社を見直すことでどれだけ安くなるのかチェックできるサイトなどもあるので、確認してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP