沖縄料理店(飲食業)経営にかかる費用、コスト削減のカギは電気代

【沖縄料理店の経営に必要なコストは?電気代はどれくらい?】

飲食業を経営する上で人件費、土地代、仕入れ代など様々なコストが発生しますが、できればこのコストもなるべく削減をして、売り上げを上げていきたいですよね。しかし、サービスや提供する料理の質は落としたくないのが実情です。そこで見直したいのが「電気代」です。電気代は工夫次第で質を落とさずコスト削減ができるので、可能な限り実践していきたいですよね。では、どのようにして節約をしていけばいいのでしょうか?
ここでの大きなポイントは、飲食業でもお店によって電気代が大きく変わるという事です。今回は飲食業の中でも「沖縄料理店」の電気代にスポットを当ててお話をしていきます。

まず、第一に沖縄料理店を営んだ場合の電気代を見ていきましょう。

沖縄料理では、ゴーヤチャンプルーやソーキそば、海ブドウやジーマミー豆腐などがメジャーですが、他の飲食店と比べても電気代が大きくかかる料理は特質して多くはありません。ただし、島ラッキョウの天ぷらや、サーターアンダギーなど揚げ物料理も多少あるので、飲食業界の中でも平均値の電気代となります。しかし、電気代について間違った認識でいると、余計なコストをかけている可能性もあるので、しっかりと無駄がないか確認をしていきましょう。

【沖縄料理店のコスト・電気代を削減するポイント】

沖縄料理店で電気代を削減、節約するポイントは3つありますので、それぞれのポイント別で紹介をしていきます。

ポイント①電球をLEDライトに変える

はじめに出来る節約ポイントは、使用している電球の見直しです。LEDライトは通常の電球と比べると、電気代の節約に役立ってくれるので、なるべく交換をするのをおすすめしますが、LEDライトは電球の色が明るすぎるというデメリットも併せ持っています。特に料理に当たるライトは明る過ぎると「おいしそうな」雰囲気を壊しかねないので、設置には細心の注意が必要です。

調理場は明るくても問題ないので、LED電球に変えておきましょう。また、最近では間接照明のような暖かみのあるLEDの設置も可能となっていますが、大概が設置で工事が必要となってしまうので、コストと見合うか検討してみましょう。

ポイント②空調の温度を見直す

沖縄料理店であれば、24時間エアコンを稼働させておく必要はありません。ランチタイムやディナータイムは別ですが、混雑状況を見てエアコンの温度を調節するなど工夫をしましょう。お店の規模にもよりますが、エアコンの温度を1度上げるだけでも電気代は10%節約が出来ると言われています。しかし、沖縄料理店ではアルコール類を多く取りそろえているケースがあり、空調の調節は難しいと言えます。ベストなのは開店時のお客さんが少ない時間帯は若干エアコンを弱めておいて、アルコールを飲む男性客が多くなってきたら温度を下げていくなど、微調整をしていくことです。特に団体の予約があった場合は、エアコンの温度が高いとクレームに繋がる可能性があるので、要注意です。
また、来客する客の男女比を知っておくことも大切です。

女性は比較的、エアコンが強いお店を嫌う傾向にあります。

しかし、男性客は店内が暑いと、悪いイメージを持ちがちです。女性客が多い傾向にあるなら、エアコンの温度設定は男性がちょうど良いと感じる温度よりも1~2度上げても問題がないことが多いと言えます。

ポイント③冷蔵庫の中の整理

沖縄料理の特徴と言えば、豚料理が多いという事です。すると必然的にお肉の保存用の冷蔵庫が必要となりますが、常に8割が埋まっている状態を目指しましょう。

常にパンパンに入っている状態では、冷気が行き渡らないため余分な電気代がかかってしまう恐れがあるので、注意をしてください。また、冷蔵庫に何も入っていないのも電気代のムダとなるので、要注意です。

いかがでしたか?
たったこれだけのポイントでも電気代は大きく削減することが可能となります。また、冷蔵庫の整理や空調の温度などは導入コストはほとんどかかりませんので、まずは試してみましょう。

【飲食業の経営成功のカギは電気代見直し!】

飲食業を営むオーナー様にとって、経営を成功させるためにコスト削減は必ず意識をしておく必要があると言えます。
特に電気代の見直しは、少しの意識で変わる可能性もあります。

経営をしていく中で契約プランが少しでも合っていないことがあれば、無駄な電気代を払っている可能性もあるほどです。現在は電力自由化がスタートしており、お得な電気料金プランが存在しています。電力会社も様々あるので、これを機会に一度見直してみるのもお奨めです。電力会社はお住まいの地域によって変わってきますが、現在電力会社は選びきれないほどの数があるので、ピッタリな会社が見つかるはずです。

まずは1か月のどれだけの電気代がかかっているのかを把握し、無駄がないかを確認して節約をしていきましょう。

飲食店の事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP