日本食

天丼店などの飲食業の光熱費を削減するには電気代がポイント

「天丼店の光熱費の削減と電気代から始めてみる」

天丼店などの飲食業では光熱費の削減が重要だというのは、言わずとも知れたことです。一般的に飲食業の光熱費は、売り上げの5~8%だと言われています。光熱費はお店が繁盛していても、してなくても必ずかかる経費になります。そして、繁盛しているお店ほど光熱費がかかり、繁盛しなければ光熱費さえ支出できない、なんてことも起こるのです。 例えば、厨房では大きな業務用の冷蔵庫があります。これはお店が空いていない時間帯でも関係なく、24時間稼働させています。お店全体での空調は、お客様を不快にさせないために稼働させる必要があります。

また、お料理をおいしく見せるためにも、適度な照明は必要です。このような理由があるために、飲食業での光熱費の削減は容易ではないのです。この光熱費を削減するのに一番有効なのは、電気代の削減です。一般の家庭でも、光熱費を削減する時には、電気代の削減から実行する場合がほとんどですよね。飲食店も同様で、電気代から手をつけることをおすすめします。しかし、電気代の削減を実施する際には、従業員にも徹底して行ってもらう必要があります。具体的な制約の方法などを従業員に周知徹底したうえで、お店全体で行うことでより節約の効果が得られます。実施しやすい例として、空調の設定温度を見直す、厨房やスタッフルームに人がいない時や準備中は空調をオフにする、空調設備の掃除やメンテナンスを定期的に行う、などが挙げられます。エアコンの設定温度を1~2℃上げるだけで5~10%、人がいない時などに空調をオフにすれば5~10%、フィルターの清掃で2~5%、とそれぞれ節約することができます。仮に年間100万円の光熱費がかかっていた場合には、これらを実施するだけで、12万~25万円もの経費が削減できることになります。

「電力比較サイトを利用して電気代節約を検討する」

最近話題になった、家庭向け電力の自由化ですが、法人向けには10年以上前から実施されています。上記以外の方法でも光熱費の節約をしたいと考える飲食業の方ならば、自身の店舗に合った電力会社を選ぶことでかなりの節約になる場合もあります。そんな時に役に立つのが電力比較サイトです。電力比較サイトは、個人や法人で現在使用している電力を使い方やよく使う時間帯などを参考に、どの電力会社を使用すると節約になるのかを判断してくれます。電力会社によって割引率などが異なるのは当然ですが、その他にも一定の条件をクリアすれば、最大40%ほどの削減になるという結果が出るサイトもあります。

但し電力比較サイトによって、判断材料が異なる、一定の期間の電力使用量から導き出す年間の電力使用量が異なる、一定期間解約できないなどの条件が詳しく示されていないことがある、などの問題もあります。この点を考慮して、電力比較サイトを使う場合には、必ず複数の電力比較サイトを使用し、検討するようにしてください。少なくとも3つの電力比較サイトを使用することで、より信憑性の高い結果が得られるようになります。

もう一点、注目して欲しい点があります。電力比較サイトで割引率が高く節電につながると判断した電力会社であっても、環境に対する配慮に欠ける会社があるという事です。飲食業に限らず経営者の方は、何らかの形で社会貢献をしたいと考えている方も多いと思います。そういった考えを持っているにも関わらず、経費の削減のためとはいえ、環境に配慮せずに安さのみを追求した電力会社を選んでしまうのは本意ではないですよね。

電力比較サイトを利用することは、電気代を節約するには手っ取り早く確実な方法です。しかし、電力比較サイトで導き出された結果を参考にし、最終的に判断するのは、経営者の方です。安さだけに目を向けるのではなく、公正で中立的な電力会社を選ぶこも、求められています。

飲食店の事業者様必見!最大10,000円現金キャッシュバック!

「飲食業にも精通したコンサルタントが電気代節約をバックアップ」

とはいえ、電力比較サイトで調べてみたものの、経営する飲食店にはどの電力会社がいいのか判断しきれない、なんて場合もあります。一概に電気代の節約をしたい、といっても、集客や売り上げに影響してしまっては意味がありません。

そんな時は、コンサルタント会社に相談してみるのがおすすめです。特に飲食業につよいコンサルタント会社では、光熱費や電気代も考慮した経営の健全化を図ってくれます。例えば天丼店などの場合、油を使用するので換気扇がフル稼働していることや、フライヤーは油たっぷりで常にふたは空いている事が多いですよね。実は換気扇がフル稼働することにより、お店の外の空気を取り込むことになり、空調の負担が増え電気代の増加につながります。また、フライヤーは電力を多く消費しますが、中に入れる油を最小限にしたり、使用しない時にはふたをしめたりするだけで、電気代の節約につながるのです。

上記にあげたのは一例ですが、飲食業にも精通したコンサルタント会社に電気代を含めた相談をすることで、業務の無駄の見直しやさらなる節約の方法などをアドバイスしてもらうことができます。それだけでなく、設備を新しくした方がいいのか、現状で変えられるところだけ変えればいいのかなど、設備投資の面からの経費削減の方法まで提案してもらうことができます。光熱費削減のために電気代を節約したいのならば、細かいところからの節約や最適な電力会社を選択することでも達成できます。

しかし飲食業に精通したコンサルタント会社に、電気代の節約をバックアップしてもらうことで、他の削減できる経費や改善した方がいいところや設備投資に関するアドバイスなど、経営に関する総合的な事項をアドバイスしてもらい、結果的には様々な経費の削減につながることになります。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP