ドーナツ

飲食業経営を始める!例えばドーナツ屋の一ケ月の電気代はいくらかかる?

「ドーナツ屋に見る飲食業の電気代はいくら?」

これからお店を始めよう、と店舗開店に必要な資格や手続き、店舗の確保、什器や備品のリストアップ等、調べる事や手配することがたくさんありつつも、自分の夢を実現するためにはがんばれてしまいますよね。そして、店舗の経営にはとても大切な、必要な経費や売り上げ計画など、お金に絡む事も考えていかなければなりません。その中でも、店舗経営に直接的に影響する経費は、開店準備中から節約できるように計画しておく必要があります。特に店舗経営の経費の中で、占める割合の高い光熱費は最重要課題です。

では、店舗を経営するにあたり、光熱費はどのくらいかかるのでしょうか。まず、通常の飲食店の売り上げに占める光熱費の割合は、5~8%とされています。しかし、ドーナツ屋の場合には、どの飲食業でもかかる空調や照明、冷蔵庫の他に、ドーナツを揚げるためのフライヤーと焼きドーナツを作るオーブンが必要になり、通常の店舗よりも光熱費がかかります。参考ですが、ドーナツ屋と同じように、フライヤーやオーブンを使用するパン屋の場合は、売り上げに対する光熱費の割合は10%にも達するとされていて、経費の中でも負担が大きいとされています。

店舗の経営にかかる経費は他にも、原材料費、賃貸料、人件費、保険・修繕費、販売促進費、通信費などが挙げられます。これだけ多くの経費がかかるとなると、できるだけ経費を抑えて経営したいと考えるのが当然なのですが、人件費や賃貸料を抑えるのは現実的でないし、原材料費を抑えるのは品質的な問題も伴ってきます。しかし節約できる経費もあり、光熱費の中の電気代は方法次第で節約ができますし、電気をたくさん使うドーナツ屋では特に有効な経費削減方法になるのです。

「電力自由化で電気代コストを削減」

昨今話題になっている電力自由化ですが、個人向けだけでなく法人向けにも適用されているのはご存知ですか?実は10年ほど前には法人や工場などの特別高圧契約や高圧契約に関しては自由化がされていました。そして、2016年4月からは、50kw・6000v以上の低圧契約の一般家庭や小規模店舗にも適用されるようになりました。この電力自由化によって、今までは決まっていた電力会社から、自分にあった電力会社を選択する事が出来るようになりました。

電力会社を自分で選択できるという事は、様々な電力会社の様々な料金プランから、自分にもっともあった料金設定を選ぶことにより、電気代の節約ができるのです。電力会社によっては、ガスやガソリン、インターネットプロバイの事業者が運営している場合もあり、組み合わせによっては、電気代以外も節約できます。一般家庭だけでなく、電気代の節約が重要な飲食業の経営者にとっても、経費削減に直接つながるメリットの大きい制度になります。

では、たくさんある電力会社から自分の店舗にあった電力会社を選ぶには、どうしたらいいのでしょうか。そんな時には、電力比較サイトを利用することをおすすめします。もし、店舗開業する前であっても、ある程度のシュミュレーションはできますので、それを参考にして選択する電力会社をピックアップしておくことができますし、具体的な質問をすることも可能になります。電力比較サイトを利用する時に注意してほしいことは、自分の店舗にあった契約内容であることを確認するのはもちろん、いくつかの比較サイトでシミュレーションするようにしてください。いくつかのサイトでシミュレーションすることで、より自分の店舗にあった電力会社を選択することができます。

飲食店の事業者様必見!飲食店の事業者様必見!

「飲食業が電気代節約のために選びたい電力会社とは」

では、電力会社比較サイトで候補の電力会社をピックアップしたとして、その中から一社に絞るにあたり、何を基準に決めればいいのでしょうか。飲食業を経営する方は、自分の夢を実現させたいと思っていらっしゃるのはもちろん、何らかの形で社会貢献したい方もいらっしゃると思います。また、店舗の売りとして、クリーンなイメージを定着させることがプラスに働く場合もあります。

電力会社には、他の会社に比べて料金設定が安い会社があります。しかし、注意してほしいのは、その安い料金設定の会社が環境に配慮して運営されている電力会社がという事です。料金設定の安い会社の中には、環境に配慮せず、安さだけを追求した電力会社もあります。飲食業の経営者として、少しでもイメージダウンにつながる事は避けたいですよね。

他に注意すべき点は、故障や停電の際に修理や復旧にかかる時間に差が出てくる場合もあります。また、場合によっては電気料金が高くなってしまう場合もあります。その際にプランの変更や会社の変更に違約金がかかるのか、すぐに対処できるのかなどを確認しておく必要もあります。そして、店舗開店時から使用したい場合には、どのような手続きが必要なのかも確認しておく必要があります。あまり煩雑でない電力会社を選んでおくと、手間が省けて余裕ができます。

飲食業の店舗が使用する電力会社は、電気代の節約ができ、経費の削減ができる電力会社を選択するのことが基本です。その中でも、社会貢献の一環として再生可能エネルギーを使用しているなど、環境に配慮した電力会社を選ぶことで、電気代の節約とともに社会貢献の一端も担えるといいですね。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP