フランス料理店に見られる飲食業の電気代を抑える知っておきたいポイント

LED照明に変えてエコなお店に!電気代も削減できる

オーブンを使う料理が多いイタリア料理やフランス料理などは、電気代やガス代などのコストがかかることが多い種類の飲食店です。電気代においては特に高級なフランス料理店に使われる照明は、大抵シャンデリアなどの高電力の照明が多くなっています。
フランス料理の店と言えば料理も、彩り豊かな素材とソースがお皿に盛りつけられる様を目で味わう部分も大きなファクターです。つまり、その色鮮やかな料理を映えさせるために、まばゆい光が食事を照らし出す演出が不可欠になってくるのです。このことからフランス料理店にとって電気のコストにかかる割合はかなり大きいものといっても過言ではないでしょう。

飲食業を運営するためのコストには固定費と変動費とがありますが。電気代などの固定費の大部分を占めるフランス料理の経営を維持していくためには、いかにこの固定費を抑えるかがポイントと言えるかもしれません。固定費が大きい場合、売上が低迷すると電気代などが大きく占める固定費が店の運営を圧迫することになってきます。この固定費用ですが、フランス料理店の場合は特に電気代を押さえることでより高い利益を生み出すということになります。

電気代を削減するには、様々な方法があります。例えば飲食業におけるシャンデリアは結構な電力を使用しますが、中の電球をLEDにもし変えた場合どれほど電気代の削減につながるのでしょうか?元々見た目がとても煌びやかなシャンデリアは、やはり電球数も多くなっています。

まず、コスト減を行う為にはシャンデリアの電球を従来の白熱から省電力なLED電球に変えて見ましょう。LED電球の寿命は40,000時間と長くとても経済的と言えます。(白熱電球は1,000~2,000時間)通常のシャンデリア球を使用した場合、消費電力は一日で200Wほどです。月換算にすると約1,300円、年間では約1,6000円にもなります。
これがLEDの電球に変えた場合は、月あたり130円、年間あたり1,600円となります。もちろん照明器具などの初期投資は必要になりますが、シャンデリアだけを見ても約9割はコスト減が可能と考えられます。

抜本的に電気代を削減したいなら電力会社を切り替える

電力自由化の動きは2000年から段階的に導入され、2016年4月からは電力の自由化が一般的にスタートしています。
一般的な認知度として、電気料金の電力自由化の話といえば家ことばかりと誤解されがちですが、飲食店なども例外なく自由化の対象です。ただ電気の契約先を変えるだけでかなりのコスト削減が期待できるケースが多くなっています。

日本では東北の震災以後、電気代が約2割ほど値上がりしている傾向があり飲食業を営む方ににとっては大きな負担になっています。電力の自由化により、より魅力的な安い料金プランの電力会社を選べるようになったこの状況をコスト削減のために生かさないわけにはいきません。全国的に新規参入した企業へ乗り換えしている家庭や店舗、法人は増加傾向にあります。様々な料金形態やプラン、割引が実施されているので、数ある物の中から自身に合った物を選択することができます。

抜本的に電気料金の経費削減を行うためには電力会社を変えることも視野に入れるべきです。具体的な例でハルエネ電気の提示する月3万円を超える事業者向けの法人プランがあります。利用をする事業者や自治体によっても違いがありますが、ハルエネ電気では電力使用量の多い家庭や大きな事務所、施設などに向いたプランを推進していて、店によっては法人用のプランを利用することで年間で少なくとも30,000円以上は削減できる可能性もあるようです。

飲食店の事業者様必見!最大10,000円現金キャッシュバック!

電力会社を切り換えて簡単に飲食業の電気代を節約する

オーブン料理や照明にこだわる飲食店にとっての電気代の負担は大きく、電気代を抑えることで利益率が上がることは明確です。電力自由化に伴って様々なプランや料金にあふれているこの機会を活用しない手はありません。

また飲食店の営業時間の違いはコストの差に大きく影響します。営業時間が長い店舗では、営業時間に比例して照明や冷蔵庫、エアコンなどの使用量が膨大になります。この場合通常プランのままだと、営業が長ければ長いほど料金は高騰していきます。営業時間が長い店舗では、料金が使用した量によって変わる従量プランに加え、エアコンなどに必要な低圧電力が考慮されたプランなどの検討も必要になってきます。

また深夜の営業時間が長い店の場合は、夜間の電力料金がお得になるプランがなどもありますので特におすすめです。通常のプランと比較してする検討の余地は大いにあると思われます。
一般的に電気料金は、夜間に比べ昼間の方が割高になる傾向があります。しかしこれは飲食店の営業形態によっても大きく内訳が変わってきますので、実施される際は電力の比較サイトなどでしっかりと調べることをおすすめします。

フランス料理店に限らず飲食業の経営では、光熱費をいかに削るかが肝心になってきます。そこで電力会社を思い切って変えることは、経営を上向きに転換する事に大きな効果を発揮するでしょう。サービスの質が落ちるほどの削減は問題ですが、ちゃんと計画を立て、段階的に節約を図ればいいのです。

より良いサービスを提供するために電気代の見直しを始めてみませんか?

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP