割ぽう料理店などの飲食業オーナーが知っておきたい電気代削減テクニック

店内の照明をLEDに変えて電気代を削減

飲食業の店舗を経営するにあたって、電気代をいかに節約するかという問題があります。だからと言って、「いかにも節約しています!」という雰囲気を出してしまっては、お店のイメージを損なってしまう危険性があります。また割ぽう料理店というお店柄から言っても、そうそう安っぽい真似ができないことも事実です。それでは、お店の雰囲気を損なわずに、どう対処したらよいのでしょう。飲食業で考えてみると、雰囲気を大切にする店には、あまり蛍光灯が使用されず。食材をよりおいしそうに見せる、白熱灯のほうが好んで使われている事実があると思います。光を集めたり、散らしたり、蛍光灯では表現できない微妙な光の強弱も表すことが可能なため、繊細な料理を魅力的に見せられるからです。ただし、資源エネルギー庁の調べたところによると、飲食店におけるすべての電力消費量を100とした場合、そのうちの29%はなんと照明が占めているのです。省エネなどを念頭に考えたら、白熱電球は効率が悪い照明であり、電気代を減らしたいと考えるなら、お勧めできないわけです。ここでLEDの出番となります。LEDのメリットはして、省エネ効果がかなり期待できます。具体的に同程度の明るさを基準に比較してみましょう。1kwhあたりの電力量単価を26円、点灯時間を13時間とした場合、100W相当の明るさの白熱電球の電気料金は100w×13h×365×26円÷1000=12337円で、LED電球の場合は16w×13h×365×26円÷1000=1973.92円となります。さらに白熱電球の寿命が2000時間に対して、LED電球の寿命は40000時間とその差は歴然としています。しかし、初期コストの面では白熱電球60wのものが1玉150円ぐらいなのに対して、60w相当の明るさを持つLED電球は3000円ぐらいと20倍します。ただ先ほどの計算式でもわかる通り、1年で回収は可能で、電気代を大幅に削減することもできるはずです。

参考資料:
資源エネルギー庁HP
http://www.enecho.meti.go.jp/statistics/electric_power/ep002/results.html

飲食業の割ぽう料理店の電気代を大幅に削減するには?

飲食業、特に雰囲気を大切にする割ぽう料理店では、どのような方法で電気代を抑えることが、できるでしょうか。資源エネルギー庁の調べでは飲食店の電気消費量の中で突出して大きい割合を占めているのが、空調でその割合は実に46%、総電力消費量のほぼ半分です。つまり大幅な削減を望むなら、空調をいかに管理するか、にかかっているのです。そうそう気軽にはできないことですが、使っている空調がそこそこ古いものならば、ここで省エネ効果が高いものに買い替えるのも1つの方法です。最近はずいぶんと省エネ効果が期待できるものがあるので、対節電効果は20から50%ほどが期待できます。ただこれでは初期コストがかかりすぎるため、どこでもできるわけではありません。次に、エアコンの設定温度を調節することがあげられます。節電効果は設定温度を1℃上げることで(夏場)約10%の効果が期待できます。ただし飲食業でも、割ぽう料理店という雰囲気を大切にしなければいけない店では、設定温度を上げ下げすることはなかなか難しいことかもしれません。次に考えられる対策は、フィルターの掃除です。こまめに掃除をすることで、約1から3%の節電効果があります。次に、室外機の温度を上げないようにすることがあります。これは節電効果が約5から10%期待できます。デメリットとしては、室外機が置かれている場所によっては、温度の上昇を止めることが無理な場合もありますし、外にあるため温度が上がっていることに気づかないこともあります。エアコンのクリーニングも節電効果が約6から10%ほどあるようですが、1,2年ごとにクリーニングが必要なため、コストがかかることがネックになりそうです。大きいところで空調の対策ばかりを書いてきましたが、その他にも基本的な節電方法があります。店の雰囲気を損なわない程度に、照明のスイッチをこまめに切ることや、厨房やバックヤードの照明を抑えることなど、日々の小さな積み重ねが、節電に繋がります。

参考資料:
資源エネルギー庁HP
http://www.enecho.meti.go.jp/statistics/electric_power/ep002/results.html

お店の電気代の節約に向いている電気代金プランに変えてみる

電力の小売りが全面自由化されたおかげで、自らお店にあった電力会社を選ぶことができるようになりました。料金プランも多様化して、負担軽減が容易になりつつあります。しかしながら、様々な業種が電力事業に乗り出してきていて、どのプランを選んだらいいのか、分からないというのが、正直なところだと思います。電力の使用量によっても最もお得なプランが変わってきますし、サービスの受けられるエリアが決まっているものも少なくないため、魅力的なサービスであってもその恩恵にあずかれない場合もあります。

また一律割引型や割引率変動型など、使用量や自分のお店の傾向について、知らずにいると、余計な出費をしている可能性も生じてきます。まず電気プランを考えるには、営業時間の長さを考慮します。営業時間が長くなればなるほど、空調などの動力機器の稼働率も高くならざるを得ません。また照明などの電気機器も同様に使われます。そのことを踏まえると、使用量で料金が変わってくる従量電灯と動力機器を動かす電力に特化した低圧電力が合わさっているプランを選ぶようにすると良いでしょう。次に割烹料理店ということなので、まず深夜営業はありませんが、深夜にかかることが多い場合は。夜間の電気使用量が多いほど割安になるプランがお勧めです。既存のプランで考えるなら、東京電力の従量電灯プランですが、40A で基本使用料が1123.2円です。そして電力使用量に応じて、120kWまでが19円52銭、それを超えて300kWhまでが26円、さらにその数値を越すと30円02銭となっております。これは使用量が多ければ多いほど、値段が高くなる仕組みなので、飲食業のような店舗には不向のプランだといえます。まずは新たな電力会社に乗り換えるとどれくらいお得になるのか、ネットでシュミレーションしてみましょう。

ハルエネでんきでは、現在の契約形態や契約会社などの情報を記入することで、料金の見積もりが提示されます。一度気軽に試算をしてみて、いろんな電力会社を比較してみることをおすすめします。

飲食店の事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP