知らなければ損をする!台湾料理店などの飲食業オーナーが知るべき電気代削減のノウハウ

「台湾料理店の1日の電気代は?」

台湾料理店の1日の電気代はいくらかかるのでしょうか?
飲食業の種類によってかかる電気代は様々なのですが、例えば台湾料理店のような飲食業であれば食材をたくさん保存しておくための大型の冷蔵庫と冷凍庫が必要になります。この大型の冷蔵庫などは、お店が閉店した後も24時間稼働させ続けている必要があります。そして店内でお客様が快適に過ごすために欠かせない空調は、飲食業であればお昼時などお客様の多い時間帯や少ない時間帯で温度調節を頻繁に行なっているお店も多いかと思います。他にもお店の雰囲気や料理の見栄えなどにも影響する照明、厨房で料理を支障なく行えるように適した照明はとても大切です。 主にこのような電気代が多くかかってしまい、飲食業では電気代が悩みの種になってしまうのです。だいたいの飲食店店舗での1年間の電気代は100万円程かかると言われています。そこで1日分の電気代を計算すると、1日約2800円程度かかる計算になります。夏場は冷房、冬場は暖房など季節によっても電気代は大きく変動してきます。最近では電気料金の計算が簡単にできるサイトがいくつもあり、他の飲食店の電気代の平均と比較もできます。自分の店の電気代はこれぐらいかかっている、他の飲食店はどうなんだろう?と1度比較してみるのもいいですね。

「飲食業の台湾料理店の電気代を削減するポイントは?」」

電気代を削減するポイントとは?

どうしても高くなってしまう電気代を削減できたらと思う方は多くいるかと思います。そこで、これをするだけで電気代をこれだけ節約できるというポイントを説明していきたいと思います。

まずは厨房の節電から
冷蔵庫など24時間稼働し続けている厨房機器が多い厨房では、平均的で消費電力の約22%を占めているという結果があります。まずは最も電力を消費している冷蔵庫。普段からコンデンサーやフィルターの掃除をし、埃などを定期的に取り除き、冷蔵庫の扉のパッキンは傷んでいないかの確認など、メンテナンスは大切です。また、開閉する回数を減らすだけでも電気代の削減になります。そのためにも、冷蔵庫内のどこにどんな食材があるかなど把握しておき、日頃から冷蔵庫内が雑にならないように気をつけておくと良いです。冷蔵庫内の温度調節も重要で、冷却ファンの下に食材を保存すると冷却効果が弱まるため、冷却ファンの下は空け、冷蔵庫内の冷却温度を強から中に下げるだけでも約0,7%の電力の削減になります。
普段は稼働し続けておかなくてもよい厨房機器などは、プラグを抜いておきメンテナンスを定期的にするなど、細かい気遣いも節電に大切なポイントです!

1番電気代がかかる空調設備や暖房設備
飲食店で1番消費電力を占めているのが、空調設備や暖房設備です。エアコンの温度は、1℃上げるだけでも約10%の電力削減になります。しかし、お客様が多い時間帯に温度は上げられないといった飲食店も多くあるかと思います。そういう場合は、誰もいないスタッフルームなどはエアコンの電源を切っておくなど、余分な電力をカットすることで大きな電力削減になります。
また、ここでも重要なのがエアコンのメンテナンスです。台湾料理店であればお店の準備中やお休みの間に、定期的なエアコンのクリーニングでフィルターの掃除をするだけで2〜5%の節電になります。

店内の照明も省エネなものに取り換える
飲食店で2番目に電気代がかかる店内の照明について。白熱電球を使用している場合は、LED電球に換えるだけで約90%もの電気代削減になります。また電球の寿命も伸びるというメリットもあります。導入する際にコストはかかりますが、長期的に節電をすることが可能になります。

飲食店の事業者様必見!最大10,000円現金キャッシュバック!

「新電力会社の電気代プランの見直しで節約可能!」」

電力自由化によって今までは選ぶことができなかった電力会社を選べるようになり、電気代プランの見直しができるようになりました。また、飲食業での電力自由化は、電力削減への大きなポイントになります。
まず、飲食店の場合は営業時間にたいして電力の稼働時間が変わります。電力会社によって料金のプランは異なってきますが、最大で約5〜6%ほどは安くなると言われています。飲食店でお得なプランは、ガスと電気のセットで安くなるプランに注目されるといいと思います。また、プランを選ぶ際に自分ではどうしたらいいかわからない方でも、専用のコンサルタントが電力会社の見直しをサポートしてくれるサイトが数多くあります。他の電力会社と比較してもらい、お得な電気プランを提案してもらうことや、直接電力会社に問い合わせて料金シミュレーションをしてもらうといったこともできるので、気軽に自分のお店にあった電気代プランへの見直しが可能です。

飲食店で大きな出費になる電気代ですが、普段の心がけと工夫次第で電力をコストカットすることができます。また、簡単に無理なくできることから少しずつ始めてみるのもポイントだと思います。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP