スナック経営をするなら電気代は極力節約した方が良い!

スナック経営をするなら電気代は極力節約した方が良い!

毎月の請求でも、なかなか馬鹿にならないのが電気代です。
飲食業経営者にとっては頭の痛い話ですが、しかし、そんな電気代も計画的に節約することで大きくコストを削減することができます。
特に雰囲気を求められる業態において、維持費はもはや投資と考えていいほどに大きな支出でしょう。その投資に無駄な点がないかどうか、まず確認してできることから改善していきましょう。

スナック経営の特徴として、時間帯が深夜営業のケースが多いことと、通常の飲食業態とは一線を画すお店の雰囲気を注視していかなければならない点が挙げられます。このポイントを押さえた上で、上手な節電を心がけていきましょう。

スナックの経営は深夜も可能

バーやスナック、クラブなど雰囲気が求められ、お酒を提供する飲食業では深夜帯の営業を考えなければならない場合があります。しかし、深夜0時以降に酒類を提供するには、許可が必要です。
以下のことを注意して、安定した深夜営業を心がけていきましょう。

届出をして健全かつ合理的な深夜営業を

深夜営業をする際は、管轄の公安委員会で深夜酒類提供飲食店営業の届出を出しましょう。許可がもらえることで、深夜0時以降もスナック営業をすることができます。
しかし、スナックとなると女性キャストの存在があり、風俗営業許可というのも場合によっては必要となります。一般的に深夜営業許可と風俗営業許可はできないとされていますので、許可を取るとするとやはり深夜営業許可となるでしょう。
風俗営業許可がない場合、接待行為を行っていると風営法で摘発されてしまいます。飲食店を経営している方は十分気を付けましょう。
「接待行為」に関する詳細は、ネットに多く情報がありますので、是非調べてみて下さい。

飲食業態での節約ポイント

店舗経営となる飲食店では、電気代も大きなコストの一部です。営業に支障のでない程度に無駄なコストをカットして、電気代削減を目指しましょう。
電気消費の割合が大きいのはエアコンです。顧客に居心地のいい環境を提供するといった営業努力の範囲ではない時、例えば営業前の準備中や営業後などは温度設定に気を遣って電力消費を抑えましょう。またこまめな掃除や、古いものだったら買い替えることで結果的に費用が抑えられる場合もあります。

スナックで活用できる理想の節約術

どんどんLED照明を活用していきましょう。従来の照明よりも省電力で安全性が高く、そして従来の照明と比較して熱を発しにくいという利点から是非活用すべきです。
熱を発しにくいということは、温度管理に一役買っているということで、夏などはライトによって部屋の温度が上がるということはなくなるでしょう。

飲食業に合う深夜電力のプランに注目

電力自由化、ご存知でしょうか。
自由化によって電力会社との契約が自由になり、安いプランを提供している会社に乗り換えることも可能です。この機会に検討してみましょう。

電力会社を選んで電気料金削減へ

現在、電気会社は増え、多くの選択肢が存在します。あまりに多いので、どれを選べばよいのか悩んでしまうでしょう。
電力会社を比較するには、様々な方法があります。インターネットからも調べることは可能ですので、興味がある方は「電力」や「電力会社」などのワードで検索して、それぞれの料金を比較してみましょう。

各会社の夜間電気代プラン

電力会社には電気代のプランが存在します。気になるのは、夜間の電気使用に関する電気代のプランでしょう。
1つ例を挙げると、東京電力には「夜トクプラン」というのがあります。これは、昼の電気代を高くする代わりに夜の電気代が安くなるというプランです。
各会社ではニーズに合ったプランが用意されていますので、お得なプランを探してみましょう。

夜間の電気代には要注意!

節約には様々な手段が考えられますが、気付きにくい落とし穴もあります。「節約をしていたつもりが、なぜか逆に高くついてしまった……」なんてこともありますので、気を付けるべきポイントをしっかり把握しておきましょう。

飲食業態ではありがちな電気代の落とし穴

一般のご家庭が使用する電気代の基本料金はアンペア数にて決まっています。
しかし、法人となるとどうでしょう。小規模な店舗でも大容量のアンペアでの契約をしている場合があります。容量に見合った用途があればいいですが、しかし大して使っていない場合、それは無駄になってしまうことでしょう。
居ぬきの店舗の場合、前の契約でそのまま使っていることもありますので、一度見直してみてもいいでしょう。

特に注意! 夜間の電気使用料金

ほとんどの電力会社では昼間の使用料金を上げ、夜間の使用料金を少なくするというプランを採用しています。これは夜間の営業にはうってつけの料金プランで、プランを選び、使用量を夜間に集中させることで電気代削減を行うことができます。
しかし、使い放題というわけではなく、しっかり使用した電力に応じて請求されるので、無駄な使用は控えましょう。

まとめ

飲食業の中でもスナック経営は特殊な業態です。その特徴と利点、不利な点をしっかり理解していくことで、理想的な営業が可能となります。
重要なのは「環境づくり」です。適正に環境を整えていくことで、自然と節約に繋がります。対策と傾向を知って、思い描くお店を作っていきましょう。

飲食店の事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP