上海料理店に見られる飲食業の電気代を抑える知っておきたいポイント

店内照明をLEDに変えて電気代を削減する

飲食業である上海料理店舗を経営するにあたり、費用を抑えることはとても重要です。
しかし、抑えることが出来るものと出来ないものがあります。そこで、工夫次第で節約が可能な電気代をいかに削減できるか考えてみましょう。電気代を削減するための方法はたくさんありますが、その中でもLED照明への切り替えに注目したいと思います。照明機器の寿命は、1日10時間使用したとして、白熱電球は約3ケ月から6ケ月半、電球型蛍光灯は約3年半、LEDは約11年です。白熱電球に比べますと、LEDは約40倍も長持ちするということになります。
次に蛍光灯とLEDでの電気代を比較してみましょう。15坪の店舗内照明を通常のダウンライトからLED照明に変えた場合、通常ダウンライトの電気代は月額10,140円に対し、LEDダウンライトは1,166円です。LEDダウンライトの方が月額8,974円、年額107,688円節約できます。電気代とは関係ありませんが、LED照明にすると虫が寄り付かないので、飲食業の店舗には向いている工夫です。

電気代の基本料金を節約するなら電子ブレーカーを設置がおすすめ!

電子ブレーカーとは、電気代の基本料金を削減するため装置です。どうして、基本料金を削減することが出来るのでしょうか。
一般的なブレーカーはその許容範囲以上に電流が流れる時にこれを遮断し、設備や配線などを保護する役割があります。
ブレーカー内部には、流れる電流が一定に達すると規定された時間の間は電流を遮断する基準が設定されています。一般的なブレーカーと電子ブレーカーの違いは遮断を判断する方法、遮断までの電流の量にあります。

一般のブレーカーは過電流発生熱を感知して遮断を判断しますが、電子ブレーカーは電流値をデジタル数値で感知します。
コンピューターでブレーカーの動作を制御し、最大限まで電流を流すようプログラミングされています。つまり、電子ブレーカーを設置することで、安全により小さいブレーカー容量でブレーカー契約を電力会社と結べるため、電気代の基本料金が大幅に削減できるのです。もう少し分かりやすく説明しますと、絶対にブレーカーを落としたくない施設の場合、従来のブレーカですと契約電力を大きめに設定しておく必要があります。

ブレーカーを落とさないために、契約容量に余裕を持たせることが大切なのです。しかし、電子ブレーカーを設置すると電力を最大限効率よく理由することが可能になります。よって従来のブレーカーを使用するよりもアンペア数を減らし、基本料金の節約を実現できます。
基本料金を節約しながらも、安心して電気を使用することが出来るため、電子ブレーカの設置は、飲食業の店舗経営にはかなり有効な費用の節約方法の一つと言えます。

飲食業のお店に合った電力会社を切り替えて電気代を大幅に節約

飲食業にとって電気代の負担はとても大きくなっています。電力自由化により、電力会社を切り替えることで大幅に電気代を安くすることが出来るかもしれません。しかし、電気事業に進出する会社はとても多く、どこの会社を選べば良いのかが分からない方も多いと思います。比較サイトを活用し、電気料金や特典等を比較すると決めやすくなると思います。飲食業のお店は電気の使用量が多いため、使用量が多いほど安くなる料金プランのある会社を選ぶことをお勧めします。
ハルエネという新しい電力の会社があるのですが、沖縄を除く全国をエリアとしています。

小規模小売や事務所などの法人契約に力を入れていて、使用量が多くなるほどお得になっている料金プランになっています。月の使用量が300kWhを超えない限りは従来の電力会社と変わりませんが、超えると1kWhにつき法人プランで1.5円安くなり最大で10%の節約が出来ます。

また、ハルエネは2007年に設立された新しい会社ですが、他業種との協業に力を入れているため、これからのさらなる発展に期待が出来、今後のサービスの多様化にも期待できる会社です。旅行会社のH.I.Sも電気事業に進出した会社の一つです。2015年時点の既存の電気料金よりも5%安くなることを保守しています。
契約アンペア数に関係なく割引が保証されるので、電気消費量が少ない場合でもお得になります。

旅行料金の割引が特典として受けられるので、旅行によく行く方におすすめの電力会社です。社員旅行に行く際にこの特典を活用されると良いかもしれません。他にも様々な会社が電力事業に進出していますが、やはり総合的にみて大幅に電気代を節約出来る会社を選ぶことが大切です。

エネインフォなら飲食店の電気代を削減したいそんなあなたに無料相談実施中!

飲食店の電気代を節約するならエネインフォへ

エネインフォでは飲食店の電気代の削減を徹底的に提案しております。無料相談実施中ですので、お気軽にお問合せください。

ご相談はこちらからどうぞ

関連する記事

PAGE TOP