イタリア料理店で抑えるべき電気代削減のコツ

不況下においても一定の需要がある飲食業は常に新規参入者が多い一方で、流行の移り変わりは激しく、人が多く集まる地域等での客の取り合いは常に激戦が続いていると言えます。

 

そのような状況では、より多くの顧客の獲得や客単価を上げるだけでなく、電気、ガス代等の光熱費、店舗を経営する上で必要な経費をしっかりと管理し、可能な限り節約、削減する必要がある事は言うまでもありません。

 

そこで今回は、人気の高い飲食業の中からイタリア料理店の経営をサンプルにして、その電気代の削減方法について解説していきたいと思います。 

 

電気代の負担が大きいレストラン経営

 

まずは飲食業全般の経営に関連する電気代とその負担の大きさについて解説していきます。

 

レストランを経営していくうえで電気代の割合を占めているのが、客席の環境を整える為の照明と冷暖房です。特に冷暖房にかかる電気代が非常に高額な事は日常生活でもお分かりいただけるかと思います。

 

仮に自宅であれば多少我慢してエアコンの使用を避ける事も出来ますが、飲食店においてはそうは出来ず、店舗ではほぼ一年中空調設備を使っていると考えて良いでしょう。「あの店は暑すぎて(寒すぎて)快適に過ごせない」と言った噂や口コミが広まってしまえば、リピーターだけでなく、新規の客も減ってしまいますので、致し方ない事でしょう。

強いて言えば、天候や外気温に合わせたこまめなエアコンの温度設定は節電に有効です。

 

また、照明に関しても同じことが言えます。店の雰囲気を出すために敢えて間接照明等により、薄暗くすることもできますが、基本的に広い店舗では日光が客席全体に行き届かず、明るさを保つために一日中照明をつけておかなければなりません。LEDライトの導入により長期的な目線での電気代の節約を図る事も可能ですが、それにも限界があると言えます。

最近は火災のリスクを減らすために、厨房での火器の使用機会を減らし、代わりに電気加熱式のオーブン等を使用している店舗もあるようです。リスク軽減する為の電気代もうまく管理する必要です。

 

イタリア料理店で必要な電気料金はどのくらい?

それでは、続いてイタリア料理店に焦点を絞った場合の電気代について考えてみましょう。

前述した様にイタリア料理店に限らず、飲食店における客席の環境と雰囲気作りは大変重要です。特にイタリア料理店の場合、厨房の調理器具が発する蒸気等で客席の温度や湿度が上がってしまう事も考えられますので注意が必要です。

空調管理もサービスの一環と考えれば、年間を通しての空調の利用は必要不可欠と言えるでしょう。

また、照明に関しては、一概には言えないものの、イタリア料理店に間接照明などを使用した薄暗いイメージを持つ方は少ない事が考えられることから、店内を明るくする為の照明の利用もまた営業時間中は必須と言えます。

厨房で利用する調理器具に関して、イタリア料理店で主に使用するのは、パスタを茹でる際や食材を炒める際に使用するコンロや、ピザを焼くためのオーブン等が考えられます。これらは通常ガス式ですが、前述した様に火災のリスクを考えて、電気式の物を使用する場合もあるようです。

あくまでも一般的な例ですが、飲食業における電気代はおよそ売り上げの2,3%程度が適正と言われています。電気式調理器具の使用の有無によってその数値は変わってきますが、「売上の2,3%」を超えてしまった場合は削減が必要と言えるでしょう。

 

電力会社を比較してベストな料金プランを探そう

 

2016年4月の電力自由化に伴い多くの会社が電力業界に新規参入をしました。各々の会社が独自の特徴や料金プランを打ち出し、他社との差別化を図っていますので、ご自身の経営に合った電力会社を選ぶ事もまた、電気代の削減につながると言えるでしょう。

 

今回のように飲食店を経営するうえで電気代を見直す際には、ぜひ電力会社関連サイトで各社の「料金プランの比較」をしてみてください。そのなかでも、飲食店等も対象とした法人向けプランを多く揃えている電力会社は特にお奨めです。

例えば、電力自由化に伴い新規参入した会社の一つ「ハルエネでんき」は法人向けに複数の料金プランを揃えていますので、各々の料金体系を吟味し、上手く活用すれば更なる電気代の削減につながる事は間違いありません。電力会社のWEBサイトには、電気料金のシミュレーションがあり今より電気料金がどのくらい安くなるのか手軽に診断ができます。

 

電力会社を選ぶ際に重要なのはあくまでも、その料金プランが自身の電力使用パターンに合っているかということです。大手電力会社だけではなく、まずはいくつのも会社で見積もりをとってみることをオススメ致します。

 

今回は、数多くある飲食店の業種の中からイタリア料理店を例に上げ、電気代を節約するためのポイントや電力会社選びの重要性について解説いたしました。ご紹介した節約方法を店舗の経営に役立てて頂けたら幸いです。

飲食店の事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP