マッサージ店の電気代は基本的にどうなっているの?

【マッサージ店舗で必要な費用の紹介】

現在、店舗数を増やし続けているマッサージ店。現在はコンビニよりも多いと言われ、全国に約15万店舗あると言われています。例えば

  • リラクゼーション
  • 鍼灸院
  • カイロプラクティック
  • 整骨院・接骨院
  • クイックマッサージ

など様々です。そんなマッサージ業界で勝ち残っていくためには、様々な戦略が必要となりますが、まずは余分なコストカットを考えていきましょう。コストカットを考えるうえでまず大切なのが、店舗それぞれで必要な費用の整理です。

【マッサージ店の開業で必要な費用】

  • 物件の補償費(家賃6か月~12か月分)
  • 内装工事
  • 機材の購入
  • HP製作費

などが必要になってきます。それでは具体的にどれだけお金がかかるのか、モデルケースを見ながらそれぞれ説明をしていきます。

家賃が20万円の物件を選択した場合

物件の補償費 20万×6か月=120万円
初回家賃 20万×1.5か月=30万円
仲介手数料 20万円
合計 170万円

これらの費用が最低でもかかってきます。

次に内装工事・機材の購入についてみていきましょう。内装工事は坪単価/30万円で想定すると、10坪で300万円になります。
また、マッサージ店では欠かせないベッドは1台約10万円で、2台設置するなら20万円は必要となります。そしてさらに雑費を最低限に抑えたとしても10万円はかかってしまうので、合計で330万円になります。

また、冒頭でも伝えたように現在マッサージ店の店舗数はコンビニよりも多いため、一人でも多くのお客様を取得するにはHPが必要となります。できればブログ更新機能付きにしておくと、大体コストは40万円ほど必要となります。また、HPは作った後も管理費として製作会社に月々5千円~1万円ほど必要になることを覚えておいてください。

これらの合計をすると540万円は最低でもマッサージ店を開業するのに必要となります。もちろん、その他にもスタッフを雇えば採用までの費用に人件費、制服代などさらにかかってきます。

これだけの費用を投資するなら、絶対に失敗はしたくありませんよね。また、これだけ費用をかけた後は、なるべくコストダウンを考えていかないとその後の経営が上手くいかなくなる可能性もあるので、注意してください。

マッサージ店舗におすすめの電力会社

マッサージ店でコストダウンを考えるのならば、まず電気代から考えていきましょう。
そこで需要となるのが電力会社の選定です。

まず、マッサージ店舗は「ガスの使用」する機会がほとんどないので、出来る限りオール電化にしておくと、ガスの基本使用料を節約できます。オール電化にすることを前提に考えるのであれば、おすすめの電力会社は

  • 電気の使用量が大きいほど基本料金が特に安くなる会社
  • オール電化でお得なプランがある会社

になります。
電気代を下げるのに今までなら「電気の使用自体を控える」ことしかありませんでしたが、今では電力会社を自由に選んで自分に合ったプラン選択が可能となったので、電気の料金そのものを引き下げることも可能です。

電気料金はマッサージ店舗を運営していく上で必ず必要となるコストです。そのコストを毎月どれだけ安くしていくかが成功のカギになるのです。また、オール電化にする場合は電気工事が必要になる可能性があるので、電気工事も一緒に出来るお得な会社情報を集めておくことも大切です。

電気代の削減はどの企業でも大切なこと

現在、夏の間は多くの企業でクールビズを行っています。もちろん環境に配慮しての処置ではありますが、夏の電気代は大きな企業であればあるほど膨大で大きなコストとなっています。一方でマッサージ店舗はお店の規模が小さいので「電気代をどれだけ節約しても意味がないのでは?」と考える方もいますが、それは大きな間違いです。
光熱費は、店舗売り上げの約7%ほどを占めると言われています。マッサージ店は電気使用量が多くはないので5%に設定をしたとしても、月の売り上げが100万円あったとしたら毎月5万円は電気料金で必要となります。

それが年間で考えると60万円のコストとなるなら、少しでも安くしたいと考えますよね。

しかし、客商売であるマッサージ店でエアコンの設定温度を高くしたり、その他照明の使用を控えるのもサービスの低下だとお客様に思われてしまうので難しいと言えます。だからこそ電力会社の見直しは大切で、電気の使用量を工夫するのでなく、基本料金が安くなる方法の選択こそがお客様に迷惑を掛けずにコストダウンできる唯一の方法だと言えます。
マッサージ店でかかるコストは人件費だけなので粗利が高い商売だと思われて始める方もいますが、実際経営をしてみると、準備からランニングコストまで多くの資金が必要だと分かります。

少しでも経営状況をよくするためにも、コストカットできる部分を見つけて削減を心がけていきましょう。

それが成功への近道となるはずです。

事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP