ペットショップの電気代はこんなところから!節約するにはどうるれば良い?

【ヒーターで犬や猫の体温管理 】

「ペットショップ」という言葉からみなさんはどのような光景を思い浮かべますか?

ペットショップと言えば、小さな子犬や子猫が売られている店舗がほとんどです。
最近では大型ショッピングセンターなどには必ずといっていいほどあるペットショップ。一番可愛い時期の子犬や子猫がたくさんなので、ついつい見てしまう人も多いはず。

近年では、ペットショップに子犬や子猫だけでなく、ハムスターや小鳥などの小動物、気軽に飼えると言われている淡水魚などが様々いる店舗も少なくないでしょう。

日本で飼育されている犬や猫は2000万匹を超え、単純に計算したとしても4割以上の家庭がペットを飼っているということになります。また少子化が進んでいる日本の15歳未満の子供の数と比べてもペットの方が多いという現状です。

日本では、ペットは“小さいほうがかわいい”とされているので、本当に小さい状態の内から親と引き離されることも少なくないため、ペットショップにいる子犬や子猫たちは、まだ小さいため自力で体温調節がうまくできません。とくに幼い子犬たちにとって夏の暑さや冬の寒さで体調を崩してしまい死に至ってしまう大きな原因となることもあり得ます。

一般的に1日のうちで、とくに日中など7℃以上温度差のある場所(日当たりのいい部屋、風通しのいい部屋)は子犬たちにとってよくないと言われています。室温が約25℃前後の適温に保てるようにエアコンをつけるなど、温度変化の少ない場所から出さないようにハウスを置くなどして子犬たちへの負担を減らしましょう。湿度は40~60%が最適とされています。ですが、温度や湿度だけに頼らず、しっかり観察して調整してあげましょう。

冬場は特に灯油や石油も値上がりしているしもったいないから電気代を節約したいと思っている人も少なくないはず。ですが、寒い季節にエアコンやストーブをつけっぱなしにしていないと、ペットたちに寒い思いさせて体調崩したら身もこもないし。そんなときにはペット用ヒーターをオススメします。電気代は1時間つけっぱなしにしていたとしても、0.4円。丸一日使用しても10円以下と電気代節約になります。また、ペット用ヒーターに加えて冬場だけベッドを屋根付きのドーム型にしてあげることで保温力が高まり、暖かさが2倍以上に。ただし、人用の電気カーペットは高温になりすぎてしまい、低温やけどの原因となってしまう可能性がありますので、必ずペット用をお使いください。

【店舗のドライヤーの使用量】

また、生体販売を行っているペットショップでは犬がかわいくて、清潔感がなくては家族に向かい入れてくれる人が減ってしまう可能性があります。

ペットは生きているので、ご飯を食べれば排尿や排便するため被毛が汚れてしまうことも少なくありません。親がいれば子犬は母犬が体温調節ができるまでは体の汚れを舐めてキレイにしてくれるので、シャンプーの必要はないのですが、親から離されてしまったペットたちは人間が代わりにキレイにしてあげなくてはなりません。ですが、足腰がしっかりしてくる生後3ヶ月まではトリミングなどはせずに、蒸しタオルなどで拭いてあげるだけでも十分でしょう。

生体販売以外にもペットショップの店舗として最近増えているのは美容室が併設されている店舗です。トリミングを行うのと行わないのとではドライヤーの使用量もかなり差がでてくるでしょう。

トリミングでは飼い主様の要望により、シャンプーのみの子やシャンプー&カットが必要な子がいます。ですが、大体の流れは同じで、シャンプーの前にブラッシングをし、ようやくシャンプーです。シャンプーの後に体全体にリンスし、しっかり流さなくてはならないです。そのあとにようやくドライに入ります。短時間でしっかり乾かせるようにドライヤーを使用する前に強い風邪を当てることにより水気を飛ばし短時間で半乾きにまでもっていくことができるペッカリーを使用することによって、タオルの利用枚数を減らせたり、ヒーターを使っていないため、犬にもトリマーにも負担が減らせるでしょう。

【ペットショップはどこで電気代を削減するか】

ペットショップでは命のある生き物を取り扱っているため、節約するのは難しいと思います。光熱費がもったいないから削減したいと思っている人も少なくないのですが、寒い季節にエアコンやストーブを付けておかないと、ペットたちに寒い思いさせて体調崩しては大変なことになってしまいます。

生体を扱っている以上、エアコン等での電気代削減は難しいでしょう。だからこそ電気の使用量は変えずに、電気代が節約できたら最高ですよね。

2016年4月、法の改正によって家庭などで使用する電力小売が全面自由化されました。
大手電力会社の一般的な料金プランを使用していた店舗が電力会社を切り替えたことで、月々の料金が500~1000円安くなったという例もあります。
このように毎月の電気料金を今より安くすることが可能になるので、一度検討をしてはいかがでしょうか。

エネインフォならお店や施設の電気代を削減したいそんなあなたに無料相談実施中!

お店や施設の電気代を節約するならハルエネでんき!

エネインフォではお店や施設などの電気代の削減を徹底的に提案しております。無料相談実施中ですので、お気軽にお問合せください。

ご相談はこちらからどうぞ

関連する記事

PAGE TOP