お酒のあるお店に欠かせないワインクーラー!1カ月の電気代ってどれくらい?

レストランやバーなど、お酒を提供する店舗で活躍するワインクーラー。見たことがある人も多いでしょう。このワインクーラー、1カ月でどれくらいの電気代になるかご存じでしょうか?

2つのワインクーラーを例に試算した1カ月の電気代、そしてワインクーラーの電気代を削減するポイント2つについて、お伝えします。

ワインクーラーは1カ月でいくらくらい電気代がかかる? 試算してみた

ワインクーラーとひとくちにいっても、その種類はさまざま。ボトルを回転させて冷やすタイプもありますが、ここでは冷蔵機能つきセラーをピックアップして、試算します。試算するワインクーラーは、下記の2つ。

  • MLY-60
  • MLY-150

MLY-60

MLY-60は、エクセレンス(三ツ星貿易)がリリースする「ワインクーラー」。
庫内のランプはLEDでガラスは2重。また紫外線をカットするので、ワインの劣化が気になりません。

このMLY-60の電圧は100ボルトで、年間消費電力は136kWh。年間の電気代は、3,672円ですので、12で割ると1ヶ月の電気代は306円となります。

MLY-150

MLY-150は、MLY-60と同じエクセレンス(三ツ星貿易)がリリースする「ワインクーラー」。こちらもMLY-60同様、LEDランプが備え付けられています。もちろん、ガラスは2重で、紫外線カット効果も。棚は6枚棚です。

MLY-150の電圧は、MLY-60と同じく100ボルトで、年間消費電力量150kWh。年間の電気代は4,050円のため、12で割ると1ヶ月の電気代は337円です。

どうしてワインクーラーの電気代は安いの?

数字だけ見ると、ワインクーラーの電気代は非常に安いです。しかし、「本当にそんなに安いのか?」疑問に思う人もいるでしょう。

その秘密は、年間消費電力量にあります。年間消費電力量とは、実際の利用環境に近づけて試算された電力量のこと。そのため、「実際に使ってみたら数倍になった」というように、膨れ上がることはないのです。

冷蔵庫を例に、年間消費電力量の測り方を見てみましょう。冷蔵庫では、年間消費電力量を測る際、下記のような条件のもと、消費電力を計算します。

  • 周囲の温度は15度もしくは30度
  • 扉開閉数は1日で35回
  • 庫内の温度は4度以下

このように、実際の使用状況に近い条件のもと計算された消費電力から、1日分の消費電力を導き出すのです。また15度と30度とそれぞれの条件時には、定められた日数の消費電力をかけます。

こうして冷蔵庫の年間消費電力量が、測定されるのです。そう聞くと、年間消費電力量がそれほど膨らまない点も理解できますよね。

飲食店の事業者様必見!最大10,000円現金キャッシュバック!

ワインクーラーの電気代を節約するポイント2つ

ワインクーラーの電気代を節約するポイント2つを見てみましょう。

1つ目は、開閉回数を減らすこと。
開閉するたびワインクーラー内に外気が流れ込み、ワインクーラー内の温度は多少ながら上がります。すると、ワインクーラー内を冷やそうとして、電気代がかかってしまうのです。できるだけ無駄な開閉は避けましょう。ワインそのものの質にもかかわるので、注意が必要です。

2つ目は、ワインクーラーの上にものを置かないこと。
ワインクーラーは、上から放熱されることが多いです。つまり、ワインクーラーの上にものを置くことで、熱が逃げにくくなり、中の温度が上がりやすくなってしまうのですね。そうなると、開閉回数が多いとき同様、ワインクーラー内を冷やすために電気代がかかります。

確かにものを置くのにちょうどいいかたちをしていますが、ワインクーラーは棚ではありません。電気代のためにも、ワインクーラーの上には何も置かないようにしましょう。

ワインクーラーの電気代は意外に安い!

ワインクーラーは、バーやレストランなど、お酒を扱う店舗で欠かせないもの。また、お店にあることで本格的な雰囲気が漂いますよね。

このワインクーラーの電気代を試算すると、1カ月306円に337円と、非常に安いことが分かりました。このくらいの安さなら、安心して店舗にワインクーラーを設置できるでしょう。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP