美容室経営者におすすめの電力会社!こんなに安くなるの?

美容室は何かと電気代がかかりがち。ドライヤーに電熱器、照明など専用の機器にしても消費電力の大きいものを使っています。空調以外にも電気コストは大きいものだと認識してもいいでしょう。しかし、電力自由化によって電気の契約会社を見直せば、電気使用量はそのままで、電気代を抑えることが可能です。新電力会社では、電気をたくさん使うほど、従来の契約よりも割安で、特に300kwh以上使うと、その差を感じることになるでしょう。

美容室の規模にもよりますが、電気代に頭を悩ませる経営者の方は、電気契約の切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。今回は、電力会社の切り替えで、どの程度電気代が下げられるかを具体的にご紹介します。

電力会社切り替えでどの程度安くなる?

さて、美容室の電気代はどのくらいでしょうか?地域や美容室の規模にもよりますが、一般的に毎月4万円前後といわれており、従来の電力会社のプランから使用量を算出するとおおよそ1200kWhです。試しに電気料金が一律で人気のあるLooopでんきにした場合、どのくらい安くなるのでしょうか?

1200kWhくらいの消費電力を想定した場合、なんと東京電力と比べると約8,000円の従量料金の差が生まれます。他の新電力会社の場合だと消費電力によって単価が変わるケースがほとんどなので、場合によっては、Looopでんきよりも安くなる可能性があります。

美容室にはどの電力会社がいいのか?

新電力会社は従来の電力会社と比べて料金プランが豊富です。使用状況や契約方法でお得になる電力会社は異なりますので、比較検討してみるのをおすすめします。

新電力会社は電力の自由化によって誕生し、競争に勝ち残るために他社にはないサービスを提供していることが魅力です。その1つに料金プランの豊富さがあり、使用状況や契約方法によって電気の単価が変わる仕組みがあります。つまり、自分にあった電気プランを見つければ、従来の電力会社と比較しても安くすることができるというわけです。
ここではオススメの3社をピックアップしましたので、その3社の特性と金額についてご紹介していきましょう。

シン・エナジー

料金の安さではシン・エナジーが有利です。美容室で想定される電気使用量の120kWh~300kWhでは、18.88円と他の電力会社と比較しても最も安い金額をキープしており、電気コストを抑えることを考えるとベストだといえるのではないでしょうか。ただし、300kWh以上使ってしまうと、20.98円に上がってしまうので、逆に電気コストが上がってしまうデメリットも認識しないといけません。

Looopでんき

Looopでんきは、電気料金が電気使用量にかかわらず一律に設定されているのが特徴です。ビジネスプランでは、基本料金が発生しないのも注目ポイントではないでしょうか。従量料金も一律で設定しているので、料金がわかりやすいのですが、他社と比べると電気使用量によって安くなることもありません。毎月の電気使用量が大きく変動する人によってはメリットが大きいのですが、逆に毎月の電気使用量が決まった量しか使わない人であれば、デメリットが大きいのではないでしょうか。

@niftyでんき

@niftyでんきは、従来の電気料金より120kWh~300kWh までで4%程度、300kWh以降は13~14%程度安い料金設定です。ネットや格安SIMとセットで契約すると、さらに割引が受けられます。電気以外にもネット周りや格安SIMも同時に考えている方はこのセットがいいかもしれません。

飲食店の事業者様必見!飲食店の事業者様必見!

電力会社を賢く選んでコストを下げよう

美容室の経営者を悩ませる電気コスト。新電力を使えば、安くなる場合もあるので、電力会社の乗り換えを考えている方もいるかと思います。新電力への切り替えには、イメージしがちな大掛かりな工事の必要はありません。スマートメーターという機器を設置するだけで簡単に乗り換えが可能です。使い方によっては年間数万円の差が生まれてしまうので、美容室の運営コストを削減するに、電力会社の切り替えも検討してみてはいかがでしょうか?

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP