エアコン

エアコンの温度設定で改善!店舗の電気代削減

店舗、施設運営で特に電気代を消費するのが空調及び冷暖房と照明です。だからこそ電気代に関しては工夫次第で大幅な削減が可能です。今回は店舗の電気代を削減するポイントを徹底解説。これで請求書も怖くない!

店舗を運営していく上で最も電力のコストがかかるのは空調設備と照明です。特に空調設備に関しては冷房と暖房の温度調節や、除湿等様々な機能との併用の仕方次第で大幅な電気代の節約が可能です。

そこで今回は、エアコンを使用する上での上手な節電、節約方法について解説していきたいと思います。

エアコンのこまめな温度設定が節電に

エアコンを使用する上で最も電気代に影響するのが温度調節です。当然のことながら、必要以上に高く、あるいは低く温度調節していると、日々の積み重ねが、月、年単位では大きな差となって電気代に表れます。

しかしながら、来店客の快適さを優先しなければならない業種では、温度調節に関して、なかなか妥協する事も出来ないのは事実です。コストカットが難しい状況では、どのようにして電気代を節約するべきでしょうか。

最も有効な手段の一つが、月ごとに温度設定の基準をあらかじめ決めておき、その日の天候に応じて更に室温を高く、あるいは低くする。

同じ温度でも湿度が低ければ涼しく感じます。こうした温湿度の変化に合わせてエアコンの設定を変えることで運転のムダを抑え、効率が高まります。一日あたりで考えれば小さな節約ですが毎日続ければ、電気代に差がでます。

空調設備を省エネエアコンにする

省エネエアコンの利用もまた電気代を節約する上で非常に効果的です。

多くの場合、店舗等では業務用のエアコンを使用するケースが多い事と思われます。業務用エアコンは、馬力があるため瞬時に室温を設定に到達が可能ですが、その使用電力は家庭用電力の数倍から十数倍にも上ると言われています。

多少の省エネ機能では効果がとぼしいと思えますが、前述したようにこまめな温度設定の調節を行えば、長期的な利用において電気代のコスト削減につながります。

また、比較的規模の小さな店舗等においては、あえて家庭用のエアコンを使用するのも良いかもしれません。

省エネエアコンに関しては業務用よりも家庭用の物の方が、省エネ機能が多岐に渡っているようです。

業務用エアコンに比べ、設定した温度に到達するまでに時間がかかると言った欠点はあるかもしれませんが電力の消費をおさえる効果があります。

電力を一番使う時間に気をつける事

電力を一番使う時間帯は季節によって異なる為、ここでは夏と冬について考えていきたいと思います。

まずは夏に電力を一番使う時間帯について考えてみましょう。

近年の夏は午前中の早い時間から気温が上がる為、午前中に開店する店舗では、早朝から冷房をフル稼働し、店舗内の室温調整を開店までに間に合わせなければならない事もあるでしょう。

また、営業中に関しても常に温度調整に気をつけなければならず、日が落ちてからも設定温度は数度しか上げられない事が考えられます。冷房による電力の使用が極端に多い事が考えられる季節には、1,2度の室温調整もこまめに行うように心がけ、常に外の気温や天候に気を配る必要があるでしょう。

一方で、冬の場合も室温は極端に下がる事が考えられます。そのため、開店前から暖房を稼働させなければならないでしょう。しかし、冬の場合は夏とは違い、来店客も防寒対策の行き届いた服装をしている事が考えられますので、室温を上げる事は急務ではありません。

暖房の設定温度を低めに調節し、緩やかに室温を上げていくと大幅な節電につながります。夏と同様に外の気温や天候を常に気にかけ、それに応じて設定温度を下げるのも効果的です。

冬の場合、前述したような防寒対策が万全な来店客の中には、室温が高すぎると感じる方も意外に多いようです。電車内やお店で暖房が効きすぎていて暑いな、と感じた事がある方は多いと思います。そのような点も考慮し、冬の暖房の設定温度は少し思い切って低めに調整してしまうのも良いかもしれません。

今回はエアコンを使用する上での上手な節電、節約方法について解説いたしました。

店舗における冷暖房の使用方法を大幅に変えることは難しいかもしれません。

エアコンの使用による電気代をコストカットする為には、「塵も積もれば山となる」の考え方を忘れず、設定温度のこまめな調節等を常に意識し、実行する事が大切です。

また、日々の天候や気温を気に掛け、店舗での温度設定に反映する必要があります。

今回ご紹介した節電方法を、店舗運営に当たって参考にして頂ければ幸いです。

事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP