従量電灯

従量電灯とは、電力会社と交わす契約の中で最も一般的な低圧電力の電気料金プラン。一般家庭でも使用されている単相100Vの電圧の電気を受電するために必要な契約で、多くの家庭や店舗などではこのプランが契約されている。契約電気容量に応じて、「従量電灯B」や「従量電灯C」と名称が変わるが、基本料金が異なるだけで基本的には同じ契約である。従量とは、「使用量に応じて」という意味を持ち、「電灯」とは単相100Vの電源のことを意味する。

2015年の電力自由化以降は曜日や時間帯によって電気料金単価が変動するプランや、三段階料金制を採用せずに電気料金が常に一律である電気料金プランも出てきたが、基本的には多くの電力会社が「従量電灯」という名称で電力の販売を行っている。

なお、業務用エアコンなどに使用される三相200Vの電気は低圧電力に含まれるが、これは「電灯」には含まれず「動力」と呼称することが多い。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見! 事業者様必見! 事業者様必見!

関連する記事

記事はありませんでした


PAGE TOP