新電力

新電力とは、PPS(Power Producer and Supplier(特定規模電気事業者))とも呼ばれる契約電力50kW以上の需要家に対して電力供給を行う一般電気事業者以外の事業者のこと。この定義は2016年以前の一般家庭向け向けの電力小売が自由化されていなかった時代の名残で、2016年以降はしばしば、「一般電気事業者以外で電力事業に参入する事業者」という意味で使われることが多い。――というのも、実は2016年以前も工場やオフィスビルのような高圧電力を利用する需要家に対しては電力自由化がされていたため、2000年ごろから東京電力や関西電力以外の電気事業者は存在していた。

厳密には2016年の電力小売り全面自由化に伴って電力市場に参入した事業者を「電力小売事業者」と表現することもあるが、ほぼ「新電力(PPS)」と同じ意味だと考えて良い。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見! 事業者様必見! 事業者様必見!

関連する記事

記事はありませんでした


PAGE TOP