変圧器

変圧器とは、電圧を変換することができる小型の機会のこと。日本では100Vという電圧が主に使用されており、日本で購入した電化製品はこの100Vでしか利用することができないが、海外ではこれよりも高い電圧が使用されていることが多い。このときに変圧器を利用して100Vに変圧することで、海外のコンセントであっても日本の電化製品を使えるようにしようという意図で使われる。

一方で、日本でも「動力」という三相200Vの電圧を電力会社と契約を結ぶことが可能で、この動力は一般家庭で使用される単相100Vの「電灯」に比べて1kWhあたりの料金単価が安価である。このため、動力を100Vの電圧に変換して使おうとする店舗などがあるが、これは偽計業務妨害などの罪に問われる可能性がある。「動力を減圧してはならない」ということは電気供給約款にて定められていおり、もし発覚した場合には変圧した分の電気代の3倍の料金を請求されるだけでなく、悪質な場合は行政処分の対象となるため、注意が必要。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事

記事はありませんでした


PAGE TOP