電気供給約款

電気供給約款とは、一般電気事業者が電力を供給するにあたって、その条件、料金、供給範囲などを定めて経済産業大臣から認可を受けたもの。一般電気事業者が独占的に供給を行う電力市場において、著しくモラルを欠いた料金の請求などが行われないように…つまり、公平性を維持するために定められたものであり、経済産業大臣は電気供給約款に使用者が不利益を被るような内容が定められている場合には、その内容の変更を命ずることができるようになっている。

電気供給約款には「特定の個人に対して不当な差別的扱いを行わないこと」「料金は原価に適正な利潤で定めること」「配線工事の費用や方法」の他に「使用者の責任」も定められており、需要家である私達はこれに反すると偽計業務妨害などの罪に問われる可能性もある。

例えばオフィスや店舗を営む事業者は動力プランで契約していることも多いと思うが、動力の電気代が安いからといってこれを小型変圧器などを使って減圧することは認められていない。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見! 事業者様必見! 事業者様必見!

関連する記事

記事はありませんでした


PAGE TOP