無効電力

無効電力とは、電力会社から送られてくる電力のうち、実際には消費されなかった電力のこと。電力会社から送電されてくる電力のうち、実際に消費される電力のことを有効電力といい、この有効電力によって電気料金は決定されるが、無効電力も全く電気代に関わっていないわけではなく、実際に送電した電力のうち、どれくらい有効電力があるかを表す指標である「力率」によって割引が適用されることになる。また、逆に有効電力が少なければ低力率として電気料金に割増がかかることもある。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事

記事はありませんでした


PAGE TOP