【事業者向け】電気代を安くするための料金プランの選び方

電力小売り全面自由化に伴って、飲食店や物販の店舗をお持ちの事業者も様々な電気料金プランを契約できるようになりました。
今回は、電気料金を乗り換える際にどのようなポイントに注意しておけば良いのかということをパターン別に解説していきたいと思います!

電気料金プランにはどのようなものがあるのか?

特に飲食店を経営されている方にとって、電気代を1%削減するだけで偉える利益は非常に大きくなります。飲食店の売上に対して5%~6%の電気代が理想的だと言われています。
しかしどのような電気料金プランがおトクなのかということは営業時間、エリア、消費電力の大きさによって異なります。

また、電力会社は現在540社にものぼります。この540社の電気料金プランをひとつずつ比較していってもキリがないですよね。

ということでまずは、どのような電気料金プランを理解していきましょう。

単純に電力量料金が安いパターン

皆さんが新電力会社と呼ばれる電力自由化によって契約できるようになった電力会社としてイメージされるのはこのパターンが多いのではないでしょうか。
電気料金は、使用するW(ワット)数によって異なってきます。この1kWあたりの単価が安くなれば、使用電力は変わらずに単純に電気料金を抑えることができます。

事業者向けの電力量料金が安い電力会社として代表的なものは、ハルエネでんきが挙げられます。

時間帯によって電気代が異なるパターン

次に、時間帯によって電気代が変わるパターンがあります。例えば、日中の電気代は高いけど、夜の電気代は安いといったパターンです。
中には、1日の中で2時間だけは電気代が無料になる電気料金プランも存在します。

例えば製菓店の場合、朝に一気に商品を作ってしまって、あとは販売するだけ…といったこともありますよね?このような場合は、朝の電気料金が安い電気料金プランがおトクです!

このような時間帯によって電気代が変動する電力会社として代表的な電力会社は、HISが運営するHTBエナジーが挙げられます。

付加サービスが魅力的なパターン

電気料金以外の部分でメリットが得られる電力会社もあります。

どのようなサービスなのかは電力会社によって異なりますが、有名なものでいうとENEOSでんきが挙げられます。ENEOSでんきで契約していればガソリン代や軽油を安く購入することができます。また、スマホやインターネットとセットで契約することで定額の割引が受けられるニフティでんきも代表格ですね。

事業パターン別!電力会社の選び方

さて、それでは以下では事業のパターン別にどのような電力会社がおトクなのかということをチェックしていきましょう!

ランチ営業も行っている居酒屋の場合

ビジネス街にある居酒屋さんの場合はランチ営業も行っていることが多いですよね?このような場合は24時間とまではいかないまでも、朝から晩まで稼働時間が非常に長いです。

稼働時間が長いということは、使用電力も大きいですから、単純に電力量料金が安いハルエネでんきのような電力会社がおトクです。
ハルエネでんきは、全国で提供されているサービスですが、地方創生を掲げており、地域限定の料金が安いプランが非常に豊富です。

不定期営業のスナックの場合

予約が入れば営業するけど、普段は稼働していない…そんな場合は使用電力も非常に不安定です。

この場合は、上記でご紹介したような時間帯によって電気料金が安くなる料金プランもおトクですが、基本料金が安いor無料の電力会社がおすすめです。
例えばLooopでんきは基本料金が無料なので、どんなに電力使用量が少なくてもデフォルトで発生する金額というものを抑えることができます。

使用電力が大きい時間帯が決まっている場合

先程も説明しましたが、製菓店のような特定の時間帯の使用電力が大きい事業の場合は、時間帯によって電気代が変わるプランがおすすめです。
ただし、電力使用量が大きい時間が長時間の場合は、単純に電力量料金が安いプランのほうがおトクになりますので、6時間以上使用電力が大きくなる時間帯があったり、電力を使用する時間がまとまっていない場合(6時~7時、11時~12時など)の場合はハルエネでんきをおすすめします。

週末しか稼働しない場合

事業形態によっては、平日しか稼働しない場合や休日しか稼働しない場合もありますよね?
電力会社の中には、平日と休日の電気料金が異なる会社も存在するため、週末稼働の場合は休日の電気料金が安くなる料金プランで契約することをおすすめします。

逆もまた然り、ということで、オフィスのように平日しか稼働しないような場合は逆に休日の電気代が高く、平日の電気代が安いプランがおトクです。
とはいえ、オフィスのような場合は単純に電力量料金が安いプランのほうが良いかもしれませんね!

営業スタイルに合わせた電気料金プランを契約しよう

さて、いくつかの事業スタイルをピックアップしてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

もしさらに詳しく電気代を削減する方法について詳しく知りたい場合は、是非当サイトの電気代削減コンシェルジュサービスをご活用ください!
電気代削減コンシェルジュでは、様々な電気料金プランから比較して、お客様にピッタリのプランをご提案させていただきます。

もちろん問い合わせたからといって、契約を強要するようなこともありませんし、利用は無料ですので、是非お気軽にお問い合わせください!

事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP