東京で電気料金が一番安い電力会社はどこだ!?おすすめの電力会社の料金を一挙比較

電力会社を選ぶ上で最も大事なことは、料金や電力会社の特徴をしっかり比較した上で電力会社を選ぶことです。しかし、2016年の電力自由化以降電力会社は増え、500社以上が電力小売り市場に参入していると言われています。

これらを全て調べて比較するのはとても大変ですよね。――ということで、今回は東京電力圏内…つまり関東エリアの電力会社の料金を比較すると共に、最も電気料金が安い会社はどこなのか検証していきたいと思います。

東京電力圏内でおすすめの電力会社ランキング!

まずは結論からお伝えしていきたいと思います!ここでは料金を含めて様々な要素を比較して総合力でおすすめの電力会社をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

1位 ハルエネでんき


ハルエネでんきは全国で電力を供給する会社で、特に飲食店や店舗におすすめの電力会社です。

豊富な電気料金プランと店舗サポートのためのサービスが充実しており、どの電気消費量に関わらず電気代を安くすることが可能です。

電力会社の中には消費電力が少ない場合、逆に料金が高くなってしまう場合もあるのですが、ハルエネでんきならそのような心配をしなくて良いのです。
――逆に、大規模な居酒屋のように毎月の消費電力量が多い場合は他の電力会社のほうがおトクになります。

ハルエネでんきの詳細

2位 はなカメくん電気


はなカメくん電気は従量料金が一律で、毎月の消費電力が少ない場合には料金が高くなってしまいますが、消費電力が多ければ多いほど電気料金が安くなります。

具体的には毎月の消費電力量が1,000kWhを超えてくる頃…電気代で言うと3万円くらい使っている場合はおトクに契約することができます。
一般家庭の場合はそこまで大量の電気っを消費しないため、やはり事業者向けの色が強いかもしれませんね。

はなカメくん電気の詳細

3位 グリーナでんき


電気料金は東京電力のプランと全く同じ料金であるため、安くなることはありませんが、最近は色々な場所に配慮することがトレンドですから、少しくらい高くても環境に良いものを使って社会貢献をしたいという殊勝な心意気をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのはグリーナでんきです。グリーナでんきはFIT電気と呼ばれる再生可能エネルギーによって発電された電気だけを提供する電力会社です。つまり100%再エネということです。

グリーナでんきの詳細

東京電力圏内の電気料金を比較してみた

――さて、続いては各電力会社の電気料金を比較してみましょう。――とは言っても全ての電力会社の電気料金を比較していても、読者諸君を退屈させるだけなので、ここでは代表的な電力会社のみで比較していきたいと思います。

比較する前に電気料金の計算の仕方は既にご存知の方もいらっしゃるかもしれないが、一応説明しておこう。

電気料金は「従量料金」と呼ばれるモデルが多く使用されており、これは使えば使うだけ料金がかかるというものだ。

さらに、一般的に東京電力を始めとする一般電気事業者が採用しているのは3段料金と呼ばれるものだ。これは使用電力によって料金単価が変わるというもので、東京電力圏内の場合は以下の3パターンの料金単価がある。

  • 1段料金(最初の120kWhまでの料金)
  • 2段料金(120kWh~300kWhまでの料金)
  • 3段料金(300kWh以上の料金)

一般電気事業者は、1段目の料金が安く、3段目の料金が高く設定されている。電気とは公共性の高いものであるため、貧乏人である筆者にも気軽に使えるようにしてくれているのだ。図にすると以下のような感じ。

例えば、1ヶ月に150kWhしか使用しなかった場合は電気料金は以下のような計算式になる。

(1段目の料金単価)× 120kWh + (2段目の料金)× 30kWh

もうひとつ例を挙げてみよう。月の電気消費量が500kWhだった場合の計算式は以下の通り。

(1段目の料金単価)× 120kWh + (2段目の料金)× 180kWh + (3段目の料金) × 200kWh

――さて、これらを踏まえて料金単価を一覧にしてみると以下の通り。

電力会社 ~120kWh 120kWh~300kWh 300kWh~
東京電力 19.52円 26.00円 30.02円
ハルエネでんき 19.52円 26.00円 29.12円
ENEOSでんき 19.52円 24.09円 25.75円
Looopでんき 27.00円 27.00円 27.00円
シンエナジー 19.42円 22.20円 22.48円
HTBエナジー 18.46円 24.62円 28.44円
あしたでんき 25.50円 25.50円 25.50円
ソフトバンクでんき 19.33円 25.74円 29.72円
楽天でんき 19.43円 25.91円 26.85円
東京ガスのでんき 23.21円 23.21円 25.99円
はなカメくん電気 24.06円 24.06円 24.06円
myでんき 18.26円 24.36円 28.13円
@niftyでんき 19.52円 24.73円 25.54円
丸紅新電力 19.43円 25.91円 26.85円
ミツウロコでんき 21.43円 22.63円 25.24円
auでんき 18.07円 24.07円 27.79円
グリーナでんき 19.52円 26.00円 30.02円

※従量電灯Cあるいはそれに対応する料金単価

――と、料金単価だけを見せられてもなんのこっちゃわからないという方も多いと思いますので、実際にどれくらいの電気料金になるのか換算してみましょう。

電気料金がどれくらい安くなるのか検証してみた

さて、ここでは実際の電気料金を比較していくために、便宜上パターンを決めておきたいと思う。

というのも、233kWhの場合、234kWhの場合と比較していっても、読者諸君の利便性を低くするだけだからだ。
そこで、誠に勝手ながら以下の3パターンで比較させていただきたい。

  1. 毎月の消費電力が250kWh(電気代5,722円)
  2. 毎月の消費電力が500kWh(電気代13,026円)
  3. 毎月の消費電力が2,000kWh(電気代58,056円)

この3パターンで東京電力から新電力会社に乗り換えるとどれくらい安くなるのかを以下の表でまとめてみた。

電力会社 250kWh 500kWh 2,000kWh
ハルエネでんき 0円 -180円 -1,530円
ENEOSでんき -248円 -1,198円 -7,603円
Looopでんき +1,028円 +474円 -4,056円
シンエナジー -766円 -2,564円 -13,874円
HTBエナジー -307円 -692円 -3,062円
あしたでんき +653円 -276円 -7,056円
ソフトバンクでんき -57円 -130円 -580円
楽天でんき -23円 -661円 -5,416円
東京ガスのでんき +442円 -1,032円 -7,077円
はるカメくん電気 +293円 -996円 -9,936円
myでんき -364円 -824円 -3,659円
@niftyでんき -165円 -1,125円 -7,845円
丸紅新電力 -23円 -661円 -5,416円
ミツウロコでんき -209円 -1,333円 -8,503円
auでんき -425円 -967円 -4,312円
グリーナでんき 0円 0円 0円

※基本料金を考慮していない。

――比較してみた結果、電気量料金はシンエナジーが最も安く、口コミサイトで人気の高いLooopでんきが高いという結果になった。

最安値はシンエナジー

比較してみた結果、東京電力エリアで使用できる電力の中で電気量料金が最も安い電力会社はシンエナジーとなった。

ただ、最近は再エネを利用できる電力会社や電気料金以外の部分でおトクな電力会社も多数でてきています。本項では電気量料金のみの比較をしてきたが、ここで比較してきた内容はあくまで参考にしていただき、様々な要素を検討した上で電力会社を選ぶことをおすすめします。

事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP