LEDって本当にお得なの?電気代と寿命から探ってみた

LEDはエコで電気代も安くなるとよくいわれています。しかし本当に安くなるのか、疑問に思う人も多いでしょう。

  • LEDの電気代
  • LEDの寿命

2点から、LEDは本当にお得か、探ってみました。

LEDの電気代を試算してみよう

  • 白熱電球
  • 電球型蛍光灯
  • LED電球

3つを1時間使うと、どのくらいの電気代になるのか、試算してみます。

白熱電球 60W

白熱電球は60Wですので、0.06kW。そこに、東京電力が提供するプラン「従量電灯C」の料金27円をかけます。すると、0.06×27=1.62円です。

電球型蛍光灯 11W

電球型蛍光灯は11Wですので、0.011kW。白熱電球同様に、東京電力が提供するプラン「従量電灯C」の料金27円をかけましょう。すると、0.011kW×27=0.297円です。

LED電球 7W

LED電球は7Wですので、0.007kW。白熱電球や電球型蛍光灯と同様に、東京電力が提供するプラン「従量電灯C」の料金27円をかけましょう。すると、0.007kW×27=0.189円です。

比較するため、並べてみましょう。

  • 白熱電球 1.62円
  • 電球型蛍光灯 0.297円
  • LED電球 0.189円

何とLED電球は、白熱電球の約90%、電球型蛍光灯の約50%、電気代が安くなっているのです。安いといわれていても実感はわきにくいですが、こうして数字を元に比較すると、LED電球がどれくらい安いのか実感できますよね。

寿命で考える

続いては、寿命の部分です。

  • 白熱電球 1,500時間
  • 電球型蛍光灯 10,000時間
  • LED電球 40,000時間

この時点で、LED電球の寿命が長いと分かります。何とLED電球は、白熱電球の約26倍、電球型蛍光灯の約4倍、寿命が長いのです。

別の視点から見てみましょう。何とLEDを1回変えるまでの間に、

  • 白熱電球 26回
  • 電球型蛍光灯 4回

の交換が必要となるのです。これほど寿命が長いのであれば、とても便利ですよね。

LEDに交換して得られるメリット

LEDに交換すると、どんなメリットが得られるのでしょう?

まず、交換や買い換えの手間が減る点です。
電灯はおおむね高いところについているため、交換時、脚立といったものを利用します。しかし、脚立に乗り慣れていなかったりちょっとした動き方だったりで、脚立から落下してケガをする可能性もあるのです。LEDにすると電灯を交換する頻度が下がるため、そういった危険を防げます。

2つ目は、備品にかかるコストが減る点。
電灯が切れるたびに何度も何度も買い換えていれば、そのたびにコストがかかりますよね。LEDなら、買い換えの手間がぐっと減るため、コストもカットできるのです。

しかし「LEDは高い」と思う人も多いでしょう。確かに、通常の電灯より高いことも多々。ですが、年々安価になってきていますし、そもそも買い換える回数やそのコストを考えると、LEDにするだけで元が取れてしまうことも多いのです。

3つ目は、紫外線を出さない点。
夏場、外にある電灯に虫がたかっているのを見たことはないでしょうか?実は、電灯から紫外線が出ているため、虫が寄ってきてしまうのです。しかしLEDは、紫外線を出さないため、虫が寄ってこないのです。室外でも安心して使えますよね。

4つ目は、二酸化炭素の排出量が少ない点。
二酸化炭素を排出すると、地球環境によくない影響をもたらします。しかし、「電灯1つで考えれば、微々たるものでは?」と思う人もいるでしょう。

でも考えてみてください。それぞれの会社や家庭で使われている電灯の数は、自分が思うより遙かに多いのです。それが市町村単位、そして県単位、日本や海外を含めて地球全体と考えたら莫大な数になりますよね。

また、地球全体で未来のために二酸化炭素の排出を減らす方向で進んでいます。私たちもそういったエコな視点を持ち、環境保全への意識を高めることが必要でしょう。

LEDは本当にお得だった!

LEDは本当にお得なのか、通常の電灯と比べてみたところ、その差は歴然でした。電気代と寿命ともに、LEDのほうが圧倒的に素晴らしかったのです。それだけではありません。LEDは地球環境に優しい点も持っています。

  • 利便性
  • 環境保全
  • 安心

あらゆるメリットを持つLEDを使ってみてはいかがでしょう。

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見! 事業者様必見! 事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP