インド料理店

インド料理店などの飲食業経営にかかる電気代は?コスト削減するには?

辛くてスパイスの効いたインド料理店は、日本でも人気の高い飲食店です。インドカレーだけでなく、焼きたてのナンやタンドリーチキンなどさまざまなメニューがあり、大人も子供も楽しめます。

そんなインド料理店を経営する際、電気代はいくらぐらいかかるのでしょうか?毎日使うものだけに、電気代を減らすことで経営コストが削減できます。インド料理店の電気代と電気代削減のポイントをご紹介します。

インド料理店などの飲食業経営にかかる電気代は?

インド料理店などの飲食業経営にかかる電気代はいくらぐらいなのでしょうか?一般的な飲食業にかかる電気代を含めた光熱費は、売り上げの5~6%というデータがあります。月の売り上げが200万円だとすると、およそ12万円程です。

インド料理店では一般的な調理器具に加えて、タンドリーチキンやナンを焼くためのタンドール窯が必要です。現在日本で発売されているタンドール窯は薪またはガスを熱源としています。そのため、調理はオール電化ではなくガスを利用するお店が多いようです。調理にガスを利用する分、飲食業の中でも光熱費にガス代が高くなる傾向にあるということも踏まえ、電気代5万円、ガス代5万円、水道代2万円ほどと予想されます。

参考:
すぐに使える飲食店の開業・開店のノウハウ!!
http://www.kanai-cpa.com/pdf/33.pdf

インド料理店の電気代節約のポイント

インド料理店の電気代を節約するにはどうすればいいのでしょうか?節電のポイントについて紹介していきます。

エアコンの温度設定とフィルター掃除をこまめに行う

インド料理店をはじめ、飲食業において空調は電気代の中でも大きな割合を占めます。空調設備が消費する電力は、お店全体の4割ほどを占めるというデータもあります。特にインドカレーに含まれるスパイスは体を温める効果があり、エアコンでの温度調節は欠かせません。

エアコンの消費電力を節約するのに効果的なのが温度調節です。夏、エアコンの温度を1℃上げることで消費電力を10%削減することができます。お客様がいる席はなかなか難しいかもしれませんが、ランチ後などのお客様が少なくなった時間帯は温度設定を上げるなどすると電気代を節約できます。

参考:
節電のポイント エアコンの上手な使い方 – 富士通ゼネラル JP
http://www.fujitsu-general.com/jp/products/aircon/howtouse/

・フィルター掃除で電気代を7%削減

エアコンの消費電力を削減するのに効果があるのがフィルター掃除です。フィルターが汚れたままだとエアコンの効率が悪くなり、消費電力が上がります。フィルターを掃除する前と掃除した後では、消費電力は7%も違うというデータがあるほどです。

インド料理店は油の使用量も多く、エアコンのフィルターも汚れやすい環境です。エアコンのフィルターをこまめに掃除することでエアコンの効率を上げ、節電することができます。1週間に1度は掃除をして、エアコンにかかる電気代を節約しましょう。

参考:
測ってわかった、エアコンのフィルター掃除をするだけで7%近く電気代が削減!|エネチェンジ
https://enechange.jp/articles/air_conditioner_cleaning_hems

・エアコンの室外機を日陰に置く

エアコンの室外機は、室内の熱を屋外へ放出する際に多くの電力を使用しています。夏場、エアコンを使用する際、室外機が直射日光や地面からの照り返しによって熱せられると、熱を放射する効率が下がってしまいます。それにより電力が余分にかかってしまうのです。

エアコンの室外機を設置する場所は、なるべく日陰を選ぶと効率的に熱を放出でき、消費電力を節約できます。もし直射日光が当たる場所にしか設置できない場合は、すだれをたてかけるなどして日陰を作ってあげるといいでしょう。

室外機を板で囲ったり、すだれで吹き出し口をふさいでしまうと逆効果ですので注意してください。

照明はこまめに消す

照明は飲食業の電気代の中で割合としては少ないものですが、小さな部分を節約することはとても大切です。インド料理店はランチとディナーの間のアイドルタイムにはお客様が少ないものです。その時間帯は店内の照明を消すなどすると節電につながります。

また設備投資として店内の照明をLEDに変えることも効果的です。同じ明るさの蛍光灯と比べると、LEDは消費電力が2分の1になります。照明を変えるコストはかかりますが、毎日使うものですから投資と考えてLEDに変えてみるのもいいのではないでしょうか。

電気代の見直しでどれくらいの削減ができる?

電気代を節約したいなら、電力会社や電気料金のプランを見直すことも効果的です。営業時間や使用量に応じたプランに変えることで、電気料金を大きく削減することができます。

電力プランを見直したい場合は、まずは今使っている電力会社に問い合わせしてみましょう。毎月電力会社から送られてくる電気使用量のお知らせに記載されている問い合わせ先に、電力プランの見直しを依頼します。すると、現在の使用状況に合わせた最適のプランを提案してもらえます。

もっと削減したいという方は、電力会社を変えるのもいいでしょう。電力の自由化により、さまざまな電力会社からお店に合ったプランが選べるようになりました。新しい電力会社の中には、かなり料金を抑えたプランがあるものもあります。複数の電力会社からプランを紹介してもらえるWEBサービスなどもあります。一度チェックしてみるのもおすすめです。

まとめ

インド料理店をはじめ、飲食業において光熱費を削減するのは経営コストの削減に効果的です。すぐに始められることが多いので、ぜひチェックしてランニングコストを減らしてみましょう。

飲食店の事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP