飲食業経営を始めるなら…例えば日本料理店の一ケ月の電気代はいくらかかる?

日本料理店の電気代は1日いくらくらい?

近年では、様々な飲食店が新規オープンするなど飲食業界の動きも大変盛んになっています。とりわけ、日本料理に関しては世界的にも注目されミシュランで星を獲得したりなど人気が上昇しているジャンルと言えます。その世界的にも注目されている日本料理店を実際に経営するとなると1日あたりの電気代はいくらくらいになるのでしょうか?
飲食店を経営するときにまず気にしたいのが、電気代、水道代、ガス代などの光熱費です。この飲食店で発生する光熱費というのは売り上げに連動して上下する変動費というものにあたります。来客数が多いと、作る料理の数や回数も増えるので当然ですね。また、日本料理店のサービス形態としては、個室でゆったりと時間をかけながら料理や飲み物を楽しむ傾向にありますので1顧客の滞在時間が長い為、その分エアコン代や電気代が比較的高くなると考えられます。
それに加え、日本料理店は会食や接待など夜間営業が主に多く電気代も昼間よりも高くなります。そして、料理を作る際にも料理の要となる出汁をとったり料理の仕込みをしたりする手間暇がかかるジャンルですので、営業時間外でもその準備による光熱費の発生が多くなります。ほとんどの飲食店がそうだと思いますが、料理を作る際は電気ではなくガスで調理をすると思いますのであまり光熱費の中では特筆してかかるものではないかと思いがちですが、昨今の電気代の上昇によって飲食店経営においては大きな負担だと思います。
特に日本料理店においては、その店舗の大きさにもよりますが庭園があるような大型の店舗ですと夜間のライトアップや雰囲気を作り出す間接照明などの空間演出にも電気代が発生します。
そして、日本料理はほかのジャンルの料理と比較して照明を明るくし料理の美しさを目でも楽しむ志向があるので、電気代も大きなコストとなることを意識しておくべきでしょう。

日本料理店の電気代を節約するには?

飲食業に携わるということにおいて、日々のランニングコストが大きなシェアを占めるということがわかったことと思います。
では、その大きなシェアと言える電気代を節約するにはどのような節約術があるのでしょうか?高級感あふれる日本料理店においては、削減すべき光熱費は必要最低限にし高級感を損なわないようにしたいものです。特に、店内の雰囲気の印象を左右する照明に関しては極力雰囲気をキープすべきと考えたほうがよいでしょう。日本料理店のみならず、飲食業では料理の味や接客サービスもさることながら店内の雰囲気は、その店の印象をも左右します。特に、照明の重要性というのはインテリアにおいて重きを置くポイントと言えます。
その雰囲気を損なわない節約術を挙げてみましょう。

  • 白熱灯や蛍光灯をLEDに替える・・・初期コストは少々高くなりますが、年間を通して考えるとLED電球に替えることによって大きな節約ができる事がわかります。どのくらいの電気代削減になるかというとおおよそ2/1も大きく削減されます。年間約18000円の節約になります。
  • エアコンや冷蔵庫などの機器を新しい機種にする・・・また、こちらも初期費用がかかってしまいますが飲食業においては、こういった機器はなくてはならない存在です。年式が古ければ古いほど消費電力は高くなります。近年発売されている機器は省電力型のものが多く製造されているので、早々に切り替えをしたほうが得策と言えます。
  • 電気代を節約するポイントとしては上記2点が大きなポイントとなると思いますが、店舗の規模によっても変動はあるかと思いますので電力会社に最適なプランを提案してもらうのも良いかと思います。

飲食業が電気代節約のために選びたい電力会社とは

飲食店経営において、月々の光熱費の節約が重要だということが把握できたと思います。ここで、さらに電力自由化にともない電力会社も選べる時代となりました。飲食業には電気は切っても切れない関係です。賢くお得に電力会社選びをしてゆきましょう。

選ぶポイントとしては以下のことに注意しましょう。

  • 供給エリアが多くあるか・・・新しい電力会社では供給エリアがきちんと自分の店舗エリアを含んでいるかの確認をすることが必要です。2016年4月からスタートした電力の自由化ですが、新会社によってはまだまだ一部のエリアに供給されていない場所もあるかもしれないので、きちんと調べてから契約をするようにしましょう。
  • 支払方法に制限がないか・・・大手の会社は口座引落、クレジットカード払い、コンビニ払いなど多様な支払い方法に対応していますが新規参入の会社には「引き落としのみ」や「クレジットカードのみ」などの選択肢が少なく支払方法に制限があるケースが多いので注意が必要です。
  • 電気代のシミュレーションで明確なプランニングができるか・・・電力の自由化によって様々なプラン比較やシミュレーションができるサイトが多くあります。

現在の、電気料金のプランと新会社のプランをシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。
飲食店によって電気代というのはそれぞれ異なりますので、一概にこれが安いプランだという答えはありません。
ですので、きちんとネット上でシミュレーションをしてみたり実際に電力会社に問い合わせをして確認をしてみましょう。間違ったプランで申し込みをしてしまうことで、逆に電気代が高くなってしまったり、合わないプランだったために解約をしたところ違約金が発生してしまったなどという事態も発生しているようですので、慎重に電力会社を選ぶことが大切です。

飲食店の事業者様必見!
The following two tabs change content below.

小西 智一

株式会社Bliss Ariseの電力事業の営業担当です。多くの事業主様により安心しておトクに電気を使って頂くため、日々奮闘しています。

関連する記事

PAGE TOP