工場の電気代を節約するアイデア5選!利益を最大化するための経費削減術

工場は施設の中でも特に使用電力が多いです。そのため、うまく経営していくためには0.1%でも電気代をカットしていくことが必要不可欠です。
今回は、工場の電気代を削減する方法について注意事項も含めてご紹介していきたいと思いますので、是非参考にしてください!

まずは工場の電気料金について理解しよう

工場だろうと飲食店だろうと一般家庭だろうと電力の使用方法は変わりません。使用した分だけ電気代が発生します。しかし、工場のような大規模な電気を利用する場合は契約内容によって1kWの単価が異なります。
この1kWあたりの料金は、一般的な家庭に比べて工場のほうが単価が安いです。なぜなら、変電の回数が少ないからです。

どういうことかというと、発電所で発電された電気というのは、10万ボルトを超えることもあり、とてもそのままで利用できるものではないからです。もし10万ボルトもの電気が機械に流れてきたらたちまちショートしてしまいます。

つまり発電した電気を使えるようにするためには変電という電圧を変える仕組みが必要になるのです。この変電については、複数の変電設備を通りながら私達の家庭に運ばれてきます。一般家庭に届けられるまでには最終的に電柱の上にもある柱上変圧器で100V~200Vまでに電圧を抑えた形で届けられます。しかし、工場のような使用電力が大きい施設であれば、100V~200Vの電力を買っていては効率が非常に悪いのです。

そこで出てくるのが、キュービクルと呼ばれる施設設置型の変圧器です。このキュービクルがあることによって、6000V程度の電圧を仕入れて、1kWあたりの電気料金というものを安くおさえることができるのです。

関連記事:高圧電力と低圧電力はどちらがお得?電気プランを乗り換える前に注意しておきたいメリットとデメリット

工場の電気代を節約するアイデア

さて、以下では上記を踏まえて工場の電気代を削減するアイデアをいくつかご紹介していきたいと思います。

1.稼働率を最大化する

当たり前のことですが、ラインが止まって生産性が下がってしまうと、大きな電気代のロスに繋がります。特に夏場などは空調代だけでも半端ではない費用が発生していますよね?
極端な話、従業員一人のために工場の全空調を入れると持った得ないですが、稼働率が高ければ惜しみなく電気代を使えます。

決して画期的なアイデアではありませんが、例えば常に稼働し続ける状態をつくるために従業員の休憩時間をバラバラに取らせたりしてしまうと、それだけ電気代の費用対効果は悪くなります。
「常にマックスに近い生産性を出し続けること」これが電気代節約の第一歩です。

2.空調は効率よく使う

次に考えておきたいのは、空調の利用の方法です。空調は、外の温度と設定した室内の温度の差が大きければ大きいほど消費電力も大きくなります。
室温を上げてしまうことによって、従業員の労働生産性を下げたり労働安全性を確保できなくなることは言語道断ですが、送風機などを利用してある程度温度が高くても快適な環境を作り出すことができます。

エアコンの温度を1度外の気温に近づけるだけでも1割の電力削減ができると言われていますから、費用対効果を考えて送風機などの購入も視野に入れてみると良いでしょう。

3.電気のタイムマネジメントを行う

2000年ごろから始まった電力自由化によって、様々な電気料金プランが導入されています。電気料金プランによっては時間帯によって電気代が安くなったり高くなったりするため、稼働する時間帯を検討するということも考えましょう。もちろん、従業員の反感を買わない程度にやることが大前提ですが、場合によっては休憩時間をずらしたり、出勤時間をずらすことも必要なマネジメントです。

24時間稼働の工場の場合は、電気代が高い時間には稼働率を抑えたり、逆に電気代が安い時間帯にはフル稼働させるといったマネジメントを行うことで、使用電力はそのままに電気代を削減することも可能です。

4.電子ブレーカーを導入する

一時期詐欺被害などで話題にもなった電子ブレーカーですが、正しく見積もれば電気料金を安くすることができます。
電子ブレーカーを導入することで、電流値を下げて低圧電力の基本料金の元になる基本契約数の縮小ができるため、電気料金の基本料金を削減することができるのです。

ただし、電子ブレーカーを販売する業者の中には単に「電子ブレーカーは儲かる」という話だけを聞きつけて販売するような悪質な業者がいることも確かで、営業マンの知識の乏しさから導入後に安くならないことが分かったというような被害報告もあります。電子ブレーカーを導入する際には、デメリットを考慮した上でしっかり元がとれることが確実にわかってから導入するように注意しましょう。

関連記事:電子ブレーカーの導入で失敗しないために知っておきたいトラブル事例

5.電気プランを乗り換える

事業者向けの電力自由化が開始して10年以上が経過しますが、料金プランを見直してみることも一つの方法です。
今現在どのようなプランがあり、どのプランが工場にとって最適なのかということはサービスの改定などによって変わっている可能性もあります。

また、使用する電力を変えずに電気料金を安くするために最も手っ取り早いのが契約先の変更です。
弊社では電気代削減コンシェルジュとして、各社様に最適な電気料金プランを無料でご提案させていただいておりますので、是非一度お問い合わせください!

飲食店の事業者様必見! 飲食店の事業者様必見!

関連する記事


PAGE TOP